Yahoo! JAPAN

北海道への渓流遠征釣行で75cmイトウ堂々浮上 エサ釣りでキャッチ

TSURINEWS

75cmイトウ浮上(提供:刊つりニュース関東版・上谷泰久)

憧れの魚・イトウを釣りに北海道の旭川を訪ねた。天塩川と石狩川の源流部をエサ釣りで探り、75cmのイトウをはじめイワナやニジマス、オショロコマをキャッチした3日間の釣行の模様をリポートする。

北海道で渓流釣り

事前の情報では災害級の雨が降り、天塩川はかなり増水しているとのこと。とりあえず5月31日(火)、現地在住の友人と合流し、上流域に向かった。

イトウは中・下流域に生息する魚なので、この日狙うのはイワナとニジマス。友人に案内されたポイントは、まさに大型渓流魚の巣窟だった。

イワナゲット(提供:刊つりニュース関東版 上谷泰久)

大型渓流魚が連発

本流竿を使ったエサ釣りで狙う。釣れる魚はすべて30cmオーバー!イワナはエゾイワナという種で、降海するアメマスとは少し違い、脂が乗って美味だと言う。

ニジマスはこの川に100年くらい前から生息している「春産卵の原種」で、本州で釣れるものとはまるで違う姿をしている。その完璧な魚体に驚かされた。

50cmニジマスも出た(提供:刊つりニュース関東版 上谷泰久)

次々にヒットする魚に腕が痺れ、2時間で十分満喫。イワナは45cm、ニジマスは50cmが出た。当然、釣魚はその場ですべてリリースし、その日の宿に向かった。

天塩川支流でイトウを狙う

6月1日(水)の朝まで降り続いた雨だったが、なんとか小降りになる。しかし天塩川中流域は濁り増水している。「この流れでは無理だ」と、友人は支流を案内してくれた。

イトウは底流しが基本。まずは友人がルアーで手本を見せてくれた。友人はポイントの見きわめが早く、あっという間に50cmほどのイトウをキャッチ。さっそく私も本流竿を伸ばし、挑戦する。

1時間ほどポイントを探しさまよった。川底は泥炭で、一歩一歩シューズが埋まる感覚、いわゆる湿原を流れているイメージ。するとやっとアタリが出た。掛かってきたのは大きなウグイ。この魚がイトウの存在を知らせるサイン。ウグイはイトウのエサなのだ。単純明解だ。

50cm級イトウ登場

ハリに太いミミズを4本房掛けにして、オモリが底を転がるようにゆっくり流れに乗せるとヒット。すごい重量感だ。体を大きくくねらせる迫力のファイトに圧倒されてしまう。しかしサイズは小型の50cm級で難なくゲット! 野性のイトウは保護すべき種なので、丁寧に扱ってリリースした。

湿原の原野を掻き分け上流へ進んだ。川にヤナギの枝が覆い被さるポイントで、友人が「ここはルアーで狙いにくく、エサ釣り有利だ」と勧めてくれる。

枝に引っ掛けないよう注意して流すと、鈍いアタリで目印が止まった。大きくアワせると、根掛かりしたかのような重量感。その直後、黄色っぽい巨大な魚体が姿を現した。「うわ、きたっ!」

75cmイトウキャッチで満足

竿を大きく曲げると次の瞬間、大きな水柱を上げ激しく抵抗。そして上流へ魚雷のように疾走を始めた。「枝に引っ掛けたら終わりだ」。両手に持つ竿を折れんばかりに曲げ強引に引き寄せ、浅瀬に引きずり出して勝負あり。

計測すると75cm。友人によるとこれでも中型サイズとのことだが、イトウ初挑戦の私はこれで満足。手早く写真を撮り流れに戻した。

本流には100cm超えもザラにいるというので次のチャンスに期待。こんな迫力の川釣りがあるというのに驚き。まさに日本は広い。

源流部でオショロコマ確保

翌2日(木)は石狩川源流へ向かいオショロコマ釣りを堪能。お土産の魚をキープさせてもらう。そして北海道の川釣り対象魚をコンプリートし茨城へ戻った。驚きの連続でとても楽しい三日間だった。

オショロコマ(提供:刊つりニュース関東版 上谷泰久)

<週刊つりニュース関東版 上谷泰久/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年6月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post北海道への渓流遠征釣行で75cmイトウ堂々浮上 エサ釣りでキャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 成人女性の4~5人に1人が発症! 「下肢静脈瘤」の症状を改善する10のセルフケア

    毎日が発見ネット
  2. 時代劇の「若様」役が最高にハマる俳優ランキング!吉沢亮、山崎賢人、横浜流星、1位は?

    gooランキング
  3. 好きな「朝ドラ」ランキング ~時代劇系~

    ランキングー!
  4. ノサカラボ 音楽朗読劇『シャーロック・ホームズ』生演奏を披露する4人の演奏家が決定

    SPICE
  5. オリックス注目の高校通算26発の4番にして投手もこなすハワイ生まれの二刀流とは!?【ドラフト候補/がっつり!甲子園2022】

    ラブすぽ
  6. 秋野暢子、医師から“今がピーク”と言われ感じたこと「鬼退治も終盤に」

    Ameba News
  7. あいのり・桃、息子達との初の飛行機でハプニング「振り込み期限が過ぎてて」

    Ameba News
  8. 3号3ランHRで山瀬慎之助&増田陸のHRも呼び込んだ打撃向上でポスト坂本勇人目指す巨人期待の俊足とは!?

    ラブすぽ
  9. ロッテ佐々木朗希が逆転タイトルへ前進するか?楽天・岸孝之が150勝へ王手をかけるか?

    SPAIA
  10. 【真雪の夏おしゃれinformation】やっぱり古着LOVE♥今夏は“キレイめカジュアル”でちょっぴり大人に

    mer