Yahoo! JAPAN

焦りや緊張による失敗を防ぐ効果あり!呼吸で簡単にストレスを取り除く「1:2の呼吸法」とは!?【原因不明の腰痛は自律神経が9割】

ラブすぽ

焦りや緊張による失敗を防ぐ効果あり!呼吸で簡単にストレスを取り除く「1:2の呼吸法」とは!?【原因不明の腰痛は自律神経が9割】

呼吸で簡単にストレスを取り除く

●焦りや緊張による失敗を防ぐ効果も
人間は、1日約2万回も呼吸しているといわれています。その呼吸も全て同じというわけではなく、緊張状態になると交感神経が高まり、呼吸が浅くなります。逆に、リラックス状態になると呼吸は深くなり、副交感神経が高まっていきます。緊張したらとにかく深呼吸をしろと言われるのは、血管が広がり心身がリラックス状態になるから。これは普段から言えることで、ストレスを感じやすいときには大きく呼吸する癖をつけておくと、自律神経の乱れを防ぐことができます。

そして、呼吸において心がけたいのは吸うと吐くのリズムを変えること。吸うときに比べて吐くときの時間を倍にすると心を落ち着かせる効果があります。具体的には【吸うとき3〜4秒をかける。吐くときは2倍の6〜8秒をかける】をイメージして呼吸してみてください。1日1回3分間、この「1:2の呼吸法」を行うだけで、焦りやプレッシャー、イライラなどを取り除け、自律神経の乱れを解消できます。また呼吸をするときは、姿勢も大事。猫背やストレートネックだと深呼吸をしても実際は肺が膨らんでおらず、呼吸が浅くなりがちです。大げさなくらい手を広げたラジオ体操の深呼吸をイメージしてみてください。頭を上向きにし、肋骨が開くことで、肺がしっかりと開きます。1:2の呼吸法と併用してみてください。

「1:2の呼吸法」でストレスを取り除く

【出典】『原因不明の腰痛は自律神経が9割』
著:小林弘幸/順天堂大学医学部教授 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。スポーツ庁参与。順天堂大学医学部卒業、同大学院医学研究科を修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、現職。自律神経研究の第一人者として、トップアスリートや文化人のコンディショニング、パフォーマンス向上指導に携わる。『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)、『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)など、著書も多数。

【関連記事】

おすすめの記事