Yahoo! JAPAN

【福岡】知ってるあなたはカレー通!穴場・隠れ家的「カレー」のお店6選

ARNE

画像:伊藤舞

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

個性豊かなカレーのお店。なかには、アパートの一室や路地裏など、「こんなところにカレー店が!?」というお店もたくさんあります♪

(勝手に)カレー祭りを開催中のARNE! 今回は、ちょっと調べただけじゃなかなか見つからないような穴場・隠れ家的なカレー店をまとめました。

扉を開けるまでドキドキワクワク! 非日常の空間で味わうカレーはまた絶品です。

自動車屋さんで愛にあふれるドライカレー/「清水商会・小竹モータース」(福岡県鞍手郡)

福岡県鞍手郡小竹町にある『清水商会・小竹モータース』。創業100年を越えるお店で、自動車や自転車の販売などをしています。

一見すると、普通の街の車屋さん。でもここで、“ドライカレー”をいただけるんです。

画像:伊藤舞

車を眺めながら食べる『ドライカレー』(550円、テイクアウト可)。

ボリューミーなご飯に、細かく刻まれた野菜がたっぷり。そして、大粒のレーズンもしっかりトッピングされてこのお値段です。

画像:伊藤舞

細かく刻まれた玉ねぎとピーマン、そしてトマトと和牛ミンチもたっぷり使われています。ちょっとピリッと感じる生姜の辛味がアクセントになっているものの、カレー自体はそこまで辛くありません。

隠し味に“お醤油”を入れているので、家庭的でどこかホッとする、和風な味わいなんです。

添えてあるレーズンと一緒に食べると、フルーティーさと甘みが加わり、さらにやさしい味わいに。

画像:伊藤舞

ちなみにこちらは、カレーを作る小竹モータース4代目のお母様が、生前ピーマンが苦手だったご主人のために考えたレシピだったそう。

飲食店が少ないエリアで「ランチが食べられるお店」として地域で愛され、いまではカレー目当てのお客さんも多いそうですよ。

<店舗情報>
■清水商会・小竹モータース
住所:福岡県鞍手郡小竹町勝野3790-6

隠れ家フレンチ店の絶品カレー/「山縣屋(やまがたや)」(福岡市中央区清川)

地下鉄七隈線「渡辺通」駅から徒歩約8分。路地裏にある隠れ家的本格ビストロの『山縣屋(やまがたや)』。

画像:ARNE編集部

テイクアウトの定番人気『チキンカレー』(1000円)は、大きな鶏肉の手羽元がドーンと2本。

ほろほろに煮込まれた鶏肉は、スプーンで簡単にほぐせる柔らかさ! さすがフレンチの人気店。絶品です。

画像:ARNE編集部

食べる前は多いように感じた量でしたが、サラサラ食感のバスマティライスとスパイスが効いたルーの相性は最高で、ペロリと完食。

スパイスがしっかり効いているので、食べ終わるころには体がぽかぽかと温まりました。量もたっぷりなので、満足感も大!

さすがフレンチシェフの作るカレー!という納得のおいしさでしたよ。

<店舗情報>
■山縣屋(やまがたや)
住所:福岡県福岡市中央区清川1-2-8

路地裏で食す!噂の真っ白カレー/「THE BRIDGE(ブリッジ)」(福岡市中央区大名)

福岡市中央区、大名から薬院へと抜ける上人橋通り、この通りから一本路地に入った「はなたれ横町」内にある『THE BRIDGE(ブリッジ)』。

画像:伊藤舞

このお店でひそかに人気を集めているのが、『白いキーマカレー』(1100円)。テイクアウトもできます。

画像:伊藤舞

この白いソースの正体はチーズ。中央のご飯とカレーの上にとろけたチーズ、さらに周りには、ぽってりとした食感のチーズソースがたっぷりかかっているんです。

チーズの下は、ごはんとキーマカレー。

画像:伊藤舞

仕上げには、パルメザンチーズとトリュフ。ふわっと香る上品な香りが、まるでイタリアンのようでもあります。

カレーとチーズと聞くと、こってり重たい組み合わせのイメージがありますが、このカレーは思いのほかさっぱりと、上品に味わえます。

実はお店のメニューには載っていないこの『白いキーマカレー』。

知る人ぞ知る裏メニューながらも、口コミで人気が広がり、今ではこのカレー目当てに訪れるお客さんも多いそうです!

<店舗情報>
■THE BRIDGE
住所:福岡市中央区警固1-6-3 ハナタレ横丁内2F

アパートの1室で楽しめる本格スパイスカレー!/「カレーアパート トキワ荘」(福岡市中央区六本松)

福岡市営地下鉄「六本松」駅から歩いて10分ほどのところにある『カレーアパート トキワ荘』。名前の通り、アパートの1室にあるお店です。

画像:伊藤舞

今回は、2つのカレーを1度に楽しめる“あいがけ”で注文。定番の“サバトマトカレー”と期間限定の“チキンココナツカレー”の『スペシャルあいがけ』(900円)です。ご飯もルーもたっぷり食べ応えのある一皿。

画像:伊藤舞

サバトマトカレーは、トマトのフルーティーな甘みと酸味でとっても食べやすいカレー。フレーク状のサバがたっぷり入っているので、サバの旨みとコクを存分に味わえます。辛さもほとんどなく、トマト効果で魚の臭みもまったくないので、お子さんにもオススメです。

一方のココナツチキンカレーは、ココナッツベースで甘いのかな?と思いきや、スパイスがしっかり効いて辛さを存分に味わえます! そして、ゴロっと入っているチキンは柔らかくも弾力があり、食べ応え十分!

画像:伊藤舞

2つのカレーはともに“味噌”と“醤油”をベースに作られているので、奥底になじみのある味わいが感じられ、日本人が食べやすいカレーに仕上がっています。

2つを合わせて食べてもとっても相性が良いですよ。

<店舗情報>
■カレーアパート トキワ荘
住所:福岡市中央区谷2丁目12-16-103号(2021年6月城西へ移転予定)

今泉の裏路地カフェで味わえる“卵黄とろ~り”キーマカレー/「como es(コモエス)」(福岡市中央区今泉)

福岡市中央区今泉、細い路地をさらに入った砂利道の奥にある『como es(コモエス)』。

画像:伊藤舞

今回は、お店自慢の『キーマカレー』(900円)をオーダーしました。

シンプルだけど、かわいいバランスで盛り付けられた一皿。ごはん、キーマカレー、卵黄に、紫キャベツの副菜が彩りを添えています。

画像:伊藤舞

辛さは控えめ、お肉は質感は残しつつも柔らかい食感に仕上げてあるので、とってもマイルドな口あたりです。

カレーの上にパラパラっと振ったナッツのトッピングが食感のいいアクセントに。スパイスはしっかり使っているけれど、ベースの味わいがしっかりしているので、辛いものやスパイスが苦手な人でも好んで食べられる味になっています。

〈店舗情報〉
■como es(コモエス)
住所:福岡市中央区今泉2-1-75

今回は、福岡の「穴場・隠れ家的カレー店」をご紹介しました。

気になるお店を見つけて、そこでしか味わえない絶品カレーを堪能してくださいね!

明日は「久留米の人気店から穴場まで!絶品「カレー」のお店3選」のご紹介です。お楽しみに~。(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗でご確認ください。※文中価格は税込みです。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 高橋ひかる、「夏祭り」大ヒットが“生まれる前”に驚きの声

    ナリナリドットコム
  2. 高橋ひかる、「夏祭り」大ヒットが“生まれる前”に驚きの声

    ナリナリドットコム
  3. 2021年6月1日オープン テルテルカレー(teRu teRu curry)

    京都速報
  4. <110万円の代償>小学生同士のトラブル事故!治療費と慰謝料を請求され……【第5話】まんが最終回

    ママスタセレクト
  5. 女性にとっては身近な「生理」、子どもに隠す?それともオープンにする?

    ママスタセレクト
  6. ハロプロ卒業アーティスト達が集う『M-line Special2021~Make a Wish!~』、ファン熱狂のイベント公式レポートが到着

    SPICE
  7. 北川景子×永山瑛太『リコカツ』クランクアップショットを公開 笑顔の腕組みで「最終回 ご視聴ありがとうございました」

    SPICE
  8. 平手友梨奈ら出演ドラマ『ドラゴン桜』、公式メモリアルブック発売決定!

    Pop’n’Roll
  9. <義母の介護>【後編】「ケアマネジャーはヤダ!」とワガママを言う義母。ママたちのアドバイスは?

    ママスタセレクト
  10. あじさいの名所「岩船寺」を散策してきた。睡蓮鉢に浮かぶあじさいも発見【京都府木津川市/当尾の里】

    ALCO宇治・城陽