Yahoo! JAPAN

辻堂新町在住、雨宮さん 「皆笑顔に」自宅開放し 週3日、秘密の駄菓子屋〈藤沢市〉

タウンニュース

(上)雨宮さんにかごいっぱいの駄菓子を差し出す児童。(右)気が付けば老若男女で店は満員に(=17日、辻堂新町)

大人なら誰しも思い出にある駄菓子屋。時代の移り変わりとともに見かけることが少なくなる中、週3日、突如として出現する「秘密の駄菓子屋」が人気を集めている。店には手頃な菓子が並び、子どもたちが目を輝かせながら、小遣いを握りしめる。辻堂新町在住の雨宮由佳里さん(52)が、自宅の庭を開放して5月にオープンさせた「まほう堂」だ。

東海道線の藤沢駅と辻堂駅を結ぶ線路沿い。大正堂の脇の路地を少し進んだところに、その店は突然現れる。「駄菓子屋まほう堂」。火・金・土の3日間、午後2時から6時まで出現し、雨が降ったらお休み。そんなのどかな店だ。

17日、開店と同時に保育園帰りの児童と保護者が続々と店を訪れた。買い物用の小さなカゴを手に持ち、目についたものを手当たり次第に入れる子もいれば、値段とにらめっこしながら慎重に選ぶ子も。その姿を眺めていた保護者も、「懐かしい」と言いながら、自分の菓子を選び始める。夏を迎えて販売が始まったラムネ飲料を見つけると、思わず笑顔で手に取った。

もともと保育士をしていた雨宮さん。長女が幼かった頃、近所にあった駄菓子屋に足しげく通った思い出があり、退職してから「子どもから大人まで、皆が笑顔になれる場所を作りたい」と一念発起した。

店舗運営の経験がなかったため、湘南台の駄菓子屋を突撃訪問。仕入れ先を紹介してもらい、準備を進めた。自身にとっても挑戦だったが、家族も後押ししてくれ、開店初日は総出で店番を手伝ってくれた。イメージキャラクターも、アニメーターの長女が手掛けてくれたものだ。

開店して約2カ月。少しずつではあるがリピーターも増えてきた。夢に見た「笑顔の絶えない場所」づくりが進んでいるのを実感している。「無理せず、長くあり続けるよう自分が楽しみながら緩く続けていきます」

住所は辻堂新町1の7の21。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. SNSの育児用アカウントでママ友は作れる?メリットも解説!【令和のゆるっと育児】#32話

    ウレぴあ総研
  2. 旅券不携帯の疑い 自称中国籍の男逮捕 伊賀署

    伊賀タウン情報YOU
  3. <仲間外れ?>ママ友3人グループ、自分以外の2人が仲良しに。今のまま付き合う?離れる?

    ママスタセレクト
  4. 大阪土産に!ビリケンさんのありがたい言葉入りフォーチュンクッキー新登場

    PrettyOnline
  5. 下末吉小学校 児童が「下小音頭」を制作 地域と繋がり復活目指し〈横浜市鶴見区〉

    タウンニュース
  6. 保土ケ谷ファイヤーズ 6度目の正直で初の頂き 「シルバーコレクター」返上〈横浜市保土ケ谷区〉

    タウンニュース
  7. 岡津町の松本さん それぞれの表現で魅せる 8月15日から8回目の親子展〈横浜市泉区〉

    タウンニュース
  8. I’mew(あいみゅう)、新曲「ハピネス ハピネス」MV公開+10月にさらなる新曲配信リリース決定!

    Pop’n’Roll
  9. 孫・甥っ子・姪っ子に何を買う? 子どもの年齢別「おすすめのプレゼント」を徹底リサーチしてみた!

    ウレぴあ総研
  10. 同棲したら彼氏がかまってくれなくなった…!そうなる男性心理&上手く付き合うコツ

    ウレぴあ総研