Yahoo! JAPAN

古⽥新太、阿部サダヲ、浜中⽂⼀、 ⻄野七瀬、⽊野花らが演じる強烈なキャラクターが⼤暴れ 劇団☆新感線『⽉影花之丞⼤逆転』が8月放送決定

SPICE

『⽉影花之丞⼤逆転』キーカット

劇団☆新感線の41周年春興⾏として上演された“Yellow/新感線『⽉影花之丞⼤逆転』”が、8月にWOWOWで放送されることが決定した。
Yellow/新感線とはその希少価値から、⾒ると幸福になるといわれている新幹線の設備を検査するための⾞両ドクターイエローにちなみ、コロナ禍のモヤモヤした世に送る“密 にならず、短い上演時間で、新感線らしい、観客が元気になる作品”を届けるべく始動した劇団☆新感線の新機軸。新感線らしいダイナミックな世界観と⼤爆笑の連続に会場が⼤いに沸いた傑作だ。

作劇を中島かずき、演出をいのうえひでのりが⼿掛ける『⽉影花之丞⼤逆転』は、1996年と2003年に上演された『花の紅天狗』のスピンオフ作品。強烈なキャラクターが暴れ回るに当たり、キャラクター同様に強烈で豪華なキャストが結集。
主演は劇団の看板俳優、古⽥新太が務め、共演に、本作が劇団☆新感線には5度⽬の出演となる阿部サダヲ、初参加の浜中⽂⼀、⻄野七瀬というフレッシュな2⼈に加え、劇団員からは河野まさと、村⽊よし⼦、⼭本カナコ、中⾕さとみ、保坂エマ、安定の村⽊仁。そして⽉影花之丞はもちろん、⽊野花が演じる。

【ストーリー】
「すべての道は舞台に通ず!」という、劇団⽉影花之丞の座⻑、⽉影花之丞(⽊野花)の号令⼀下、今⽇もその稽古場はむせかえるような熱気に満ちていた。芝居に⼰をぶつけるのは、ベテランの⾵格あふれる塾頭剛太郎(古⽥新太)、訳ありの元トップ⼥優・⽔林星美(⻄野七瀬)、⼤⼝契約欲しさに稽古に参加する保険外交員の東影郎(阿部サダヲ)といった⾯々。そして、この⼀座にインターポール極東⽀部捜査官のモスコウィッツ北⾒(浜中⽂⼀)が潜⼊しようとしていた。劇団員の塾頭が国際的な殺し屋、イレイザーという秘密情報をキャッチした北⾒は暗殺を阻⽌、イレイザーを逮捕せんと⼊団希望者を装い、⾸尾よくオーディションに合格、潜⼊に成功。そして、⽔⾯下で進⾏する暗殺計画が全貌を現わした時、歴史の闇に埋もれた⼀⼤プロジェクトがよみがえる。

【関連記事】

おすすめの記事