Yahoo! JAPAN

世帯年収600~800万円の生活「コストコに毎月行っています」「毎月1万円を強制的に積み立てるので精一杯」

キャリコネニュース

居住地域や家族構成は人それぞれ違うものの、世帯年収が日頃の生活水準を大きく左右することは確かだ。では、世帯年収600~800万円の人たちの生活感とは、どのようなものなのだろうか。キャリコネニュースには、

「毎月キツキツな生活でラクではない。2人の子どもの教育費にもう少しお金をかけられたらと思う」(神奈川県/40代後半男性/専門コンサル系/正社員/世帯年収750万円)
「必ず年1回は旅行します。あまり外食はしませんが、食材はなるべくよいものを購入しています」(東京都/30代前半女性/IT・通信系/正社員/世帯年収800万円)

という声が寄せられている。ほかにも、世帯年収600~800万円のキャリコネニュース読者から寄せられたリアルな声を紹介しよう。(文:福岡ちはや)

世帯年収750万円の男性「なかなか貯金できない」


都内の40代男性は、某メーカーの正社員として働いている。世帯年収は750万円で「社会保険料と税金が高い。手取りが少なく、なかなか貯金できません」と不満を述べる。

「子どもが1人いますが、幼稚園に入ったばかり。そのうち習い事を始めると思うので、やりくりをどうしようか悩みます」

児童手当をもらっているものの、「あてにしないで放置しています」と男性は明かす。支給廃止になる可能性がゼロではないことを考えると、賢い選択かもしれない。

将来のため、現状の手取りから貯蓄分の捻出を試みる男性だが、

「毎月1万円を強制的に積み立てるので精一杯。それ以外には、ボーナスなどから株を買う程度ですね」

とこぼした。

理想の家を持つ幸せ「屋根付きビルトイン車庫は、悪天候の日でも快適」

貯蓄に苦戦する一方で、満足している点もある。男性は「自家用車が持てて嬉しい。家を買う時に、駐車場付きの戸建てにこだわって正解でした」と言い、

「屋根付きビルトイン車庫は、悪天候の日でも快適です。駐車場代も不要ですし。出勤の際は妻に送迎してもらっています」

と明かした。公共交通機関の発達している都心では「車は不要」と語る人も多いが、男性は「自家用車での生活は便利ですよ」と述べる。

「コンビニや郊外のスーパーに車で行けますから。コストコには毎月行っていますね。これが浪費の原因かも知れませんが」

男性にとっては「理想の家」と「車での外出」が幸せなのだろう。ならば、それは浪費ではなく必要経費と割り切っていいのではないだろうか。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」やオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事