Yahoo! JAPAN

恩人・上島竜兵さんを失った有吉弘行に「本当に夏目ちゃんがいてくれて良かった」の声多数

Techinsight

「これからも上島さんのことをお話していこうかな」と有吉弘行

お笑いタレントの有吉弘行(47)が15日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)に生出演し、11日にダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)が急死したことを受けて、初めて心境を語った。上島さん率いる竜兵会のメンバーで不遇の時期を支えてくれた恩人との突然の別れに、時折言葉を詰まらせながら最後のお別れをした様子を振り返っていた。

『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』で「元気出たつもりだったんだけどそういうの繰り返すね。元気出たりちょっとまた落ち込んだりっていう感じで」、「亡くなった日の夕方に、特別に顔を見せてもらえて。2人…うん、ちょっとなんか悲しいな」と声を震わせた有吉弘行。特別に上島竜兵さんと2人きりで過ごす時間を作ってもらったので、何か突っ込んだりバカな話をしようと思ったが口から出てくるのは感謝の言葉だけだったという。「“本当にありがとうございます”ということしかなかった」と有吉はしんみりと話す。

葬儀は家族葬だったが、「“オレも家族だ”っていっぱい来るんだよね、やっぱりそれは会いたいよね」、「みんなすごい泣いていたけど、みんなありがとうばっかりだった」とあちこちから上島さんに対する感謝の声が聞こえてきたそうだ。会場ではダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広が、最後に上島さんの顔を見ながら泣いている出川哲朗に「キスした方がいいんじゃないか」と声をかけたり、喪主の挨拶で妻のひかるさんが「夫は寅さんが好きで」という話をしようとしたのに「寅さん死んじゃって…」と言い間違い参列者の爆笑をさらったりしたそうで、有吉は「いい葬式だったな」と感想を漏らした。通夜と葬儀、そして火葬まで親族と同じ扱いをしてもらった有吉は、まだまだ上島さんへの感謝や伝えきれない思いがたくさんあり「これからも上島さんのことを、色々とウダウダとお話していこうかなって思います」と笑い、上島さんのダメなエピソードも遠慮なく紹介してくれるそうだ。

この日の番組を聴いたファンからは「有吉さんの声を聞けて安心しました」など安堵の声が多い一方で、「あんなに辛そうな声は初めて聞いた」、「ずっと涙堪えながら話してるの聞いて、泣けてきた」、「有吉さんもどうぞご無理のないように」と彼の体調を気遣う声がネット上でも目立つ。そんな中、「ほんと有吉には夏目ちゃん居てくれてよかったわ」、「夏目さん、我々ファンの代わりにどうかよろしくお願いします」、「有吉さんが結婚しててホント良かったなぁ…と。ひとりで今回の事を受け止めるのと夏目ちゃんが側にいて受け止めるのとでは、ダメージが随分違うと思われるから」、「夏目さん、有吉さんを支えてくださいね」と昨年4月に入籍し芸能界を引退した夏目三久さんが彼のそばにいてくれることが心強いといったコメントが、多数見受けられた。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事