Yahoo! JAPAN

【話題のキッチンカー】“毎日でも食べたい”塩味ザンギ…甘辛に味変も!「ピロザンギカー」

SASARU

長引くコロナ禍において、屋外で気軽に商品を購入できるキッチンカーが注目を集めています。

そのなかでも特に、新札幌のカラオケピロスが運営する“ピロザンギカー”がSNSを中心に話題を呼んでいることを知っていますか?

今回は、札幌市内を駆け巡り多くの人へザンギを届けるピロザンギカーを取材してきました!

2021年4月に誕生!オレンジの派手な外観が目印“ピロザンギカー”

ピロザンギカーは、新札幌駅すぐのカラオケピロスが運営するキッチンカーです。

同店の人気商品“ピロザンギ”はもともと店内でのみ提供されていましたが、2021年4月からキッチンカーでの販売も開始しました。

社長である金子さんの「コロナ禍でも、地域の人々にカラオケを忘れてほしくない。そして新札幌の町をザンギで盛り上げたい」という想いがきっかけだそうです。

当初は厚別区を中心に販売していたものの、いつの間にかSNSを中心として話題を呼ぶように。そして今では、道内や札幌市内から声がかかり各地を駆け巡っています。

毎日食べたくなる、シンプルで優しい味の“ピロザンギ”

もともとは、地域の人々向けのランチメニューとして愛されていたピロザンギ。シンプルで毎日食べても飽きない、優しい塩味が特徴です。

時間が経ってもおいしく味わえるようにと、濃すぎずサッパリとした味付けが意識されています。

冷めても味のクオリティが落ちないことから、テイクアウトとしても人気なんですって。

味付けのバリエーションは、トッピング無しの通常のザンギのほか、シーザーや胡麻、青のり、バジルなどさまざまな種類があります。

特に人気の商品は、甘辛でエビチリのような「チャイニーズチリ」と、オニオンとマヨネーズのコラボで和風の「ジャパンオニマヨ」。この2つの商品はもともと期間限定でしたが、好評により定番メニューになったそう。

そのほかにも大量のペッパーがどっさりとかけられ、味と見た目の両方がパンチの効いた「ワイルドペッパー」も注目を集めています。

SNS映えする可愛い入れ物にも注目

今回筆者は、「チャイニーズチリ」と「濃厚シーザー」の2つを注文しました。

まず驚いたのが、これでもかというくらいトッピングソースが豪快にかけられること。贅沢感がたっぷりな濃いめのトッピングソースと、さっぱりとした味付けのザンギは相性が抜群でした。

ついつい何個でも食べらさっちゃいます…!

また"ピロザンギ姫"という愛称で企画・売り子を担当するゆいまーるさんいわく「商品だけでなく、入れ物や包装がSNS映えして可愛いと言ってくださるお客さんも多いんですよ」とのこと。

手書きのカップが可愛い4個入りは、車のドリンクホルダーに入れてドライブのお供に。お惣菜の包装をイメージした9個入りは、夕飯のおかずにぴったりです。

2021年9月現在では、4個入りが500円、9個入りが1000円で販売されています。せっかくなら複数の味を購入して、家族や友人とシェアするのも楽しそうですよね~!

素材にこだわるたい焼きやパフェも

そのほか厚別区の地元企業とのコラボたい焼きである「ピロたい」も人気で、ザンギと一緒に買っていく人も多いんだとか。

さらにキッチンカーのすぐ後ろにあるカラオケピロス店内では、北海道内でも知名度が高い岩瀬牧場のジェラートを使ったパフェなど目を引くメニューが提供されています。

パフェにはカラオケピロスだけのオリジナルフレーバーもあり、スイーツ好きは必見です。

カラオケをせず部屋だけ借りることもできるので、ゆっくりと食事をしたい人は家族や友人と店内を利用するのもおすすめですよ〜!

カラオケピロス(ピロザンギカー)
住所:札幌市厚別区厚別中央2条5丁目2-30新札幌ジェムシティビル2F
営業時間:午前11時〜午後7時
電話番号:011-895-4040
Twitter:

@pirozangi



※キッチンカーの出店場所や時間は、スケジュールによって変わる可能性があります。

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事