Yahoo! JAPAN

「ナイキ」が日本ダンススポーツ連盟とパートナーシップを締結 日本のダンス文化を盛り上げる

SEVENTIE

ナイキ ジャパン(NIKE JAPAN)が、公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)とのパートナーシップを締結したと発表した。

「ナイキ(NIKE)」は、未来あるアスリートを支援しスポーツ業界の未来を形成することを目的としてJDSFとパートナーシップを締結。オフィシャルサプライヤーとして日本代表チームのアスリートに対してアパレル、フットウェア、ヘッドウェアを含むアクセサリーなどを提供する。また、JDSFのオフィシャルスポンサーとしてブレイキン全日本選手権をサポートする。

2024年にパリで開催される夏季オリンピックの新種目として追加されたブレイキン。ブレイキンは、ブレイクダンスとも呼ばれるストリートダンスを指し、1970年代にニューヨークのブロンクスという地区の路上で生まれた。当時その地区ではギャング間の抗争が激しく、流血事件も多かった。その抗争を暴力ではなく、より平和的に解決する手段としてダンスを用いてバトルをしたことがブレイキンの始まりだと言われている。

メディアプレビューにはブレイキン日本代表強化選手のAmi(湯浅亜実)選手、Shigekix(半井重幸)選手が参加した。Ami選手はブレイキンの世界大会「Red Bull BC One World Final」のBgirl Battle初代優勝者。そして、Shigekix選手は2020年の同大会で最年少優勝を達成したほか、これまで46度の国際大会での優勝経験を持つ。

Ami選手は​、「ブレイキンにとってファッションも大切な要素だと思っています。スポーティーからカジュアルなスタイルまで、ナイキのウェアで動きやすく、自分の気分の上がる服を選んで大会に挑むのが楽しみです」とコメント。Shigekix選手は、「ナイキがブレイキンにフォーカスする事で、これまでダンスに馴染みのなかった方々に知っていただけたり、興味を持っていただけたりする機会が確実に増えると思います。それにより、ナイキとブレイキンが生み出す化学反応による、さらなるブレイキンの普及が楽しみです」とパートナーシップへの想いを語った。

【関連記事】

おすすめの記事