Yahoo! JAPAN

[ラタトゥイユレシピ]ズッキーニなど夏野菜を使って簡単に!

VEGEDAY

ズッキーニやタマネギ、パプリカなどの夏野菜をトマトソースで煮込んだラタトゥイユ。野菜を切って煮込むだけなので簡単そうですが、煮込み具合や味付けがうまくいかないことも。そこで今回は、料理研究家の高城順子先生に、基本のラタトゥイユの作り方と、初めてでも失敗しないコツや、さらにおいしく仕上げるためのポイントを教えていただきました。

コツをつかめば簡単!基本のラタトゥイユの作り方

材料(4人分)

タマネギ:1個

黄パプリカ:1個

ズッキーニ:1と1/2本

なす:2本

塩:2.5g

オリーブオイル:大さじ2

調理済みトマトソース※:1缶(約300g)

こしょう:少々

調理済みトマトソースは、ニンニクや炒めタマネギなどを加えてじっくり煮込んだものです。

作り方

1.タマネギは1㎝角、パプリカ、ズッキーニ、なすは1.5㎝角に切る。

2.鍋にオリーブオイルを熱し、タマネギを透き通るまで炒めたら蓋をし、中火~強火にして約1分間蒸し焼きにする。

3.2にパプリカ、ズッキーニ、塩を加えて炒め、再び中火~強火にし、蓋をして約1分間蒸し焼きにする。

おいしく作るコツ1

炒めるときには、鍋の温度が下がらないよう、材料の野菜を一気に入れず何度かに分けて入れます。

野菜は1種類ずつ加えます。

4.3になすを加えて炒めて中火~強火のまま蓋をし、2分ほど経ったら全体を混ぜ合わせる。再び蓋をして約2分経ったら混ぜ合わせ、さらに約3分間焼き色を付けるように炒める。

おいしく作るコツ2

「炒める→蓋をして蒸し焼き→混ぜ合わせる」を繰り返すことで、野菜のうまみが凝縮されます。

5.4にトマトソースを加えて、ひと混ぜしたら蓋をし、2分ほど経ったら全体を混ぜ合わせる。再び蓋をして約2分経ったら蓋を外し、水分を飛ばすよう中火~強火で約1分間混ぜ合わせる。

6.こしょうで味をととのえ、火を止める。

基本のラタトゥイユにプラスしたい野菜

季節別に、ラタトゥイユに入れるとおいしい野菜と、加えるタイミングを紹介します。

《春野菜》

たけのこ:茹でたものを、トマトソースを加えたあとに入れます。

かぶ:煮崩れしやすいため、なすを炒めたあとに入れ、さっと炒め合わせます。

うど:皮をむき、食べやすい大きさに切って、ズッキーニを炒めたあとに入れます。

《夏野菜》

枝豆:茹でてさやから出し、最後に彩りとして入れましょう。

オクラ:一緒に煮込むと煮崩れして種が出てきてしまうので、塩でよくもみ、なすを炒めたあとにプラスします。

ゴーヤ:1㎝くらいに切って、ズッキーニの次に加えます。歯ごたえも楽しみましょう。

《秋野菜》

かぼちゃ・さつまいも:ほかの野菜と同じくらいの大きさに切り、電子レンジで加熱するか硬めに茹でてから、なすのあとに入れます。

さといも:硬めに下茹でしてぬめりをとり、ズッキーニを入れたあとに入れます。

いんげん:他の野菜と同じくらいの長さに切り、ズッキーニのあとに加えます。

きのこ類:他の野菜と同じくらいの大きさにほぐし、なすのあとに入れます。

《冬野菜》

大根・にんじん:一口大に切り、タマネギのあとに入れます。

カリフラワー:煮崩れてしまうため、小房に分けたらズッキーニのあとに入れます。

memo

今回のレシピのように、カットトマトやホールトマトといった「素材缶」ではなく、「調理済みトマトソース(※)」を使うことで、手早く簡単に作ることができます。

ニンニクや炒めタマネギなどを加えて、しっかり煮込んだもの。

ラタトゥイユに合う野菜はたくさんあります。いろいろ試して、オリジナルのラタトゥイユを作ってみましょう。

<!--高城順子さんプロフィール-->

高城順子

料理研究家・栄養士

女子栄養短期大学食物栄養科卒。和・洋・中華料理の専門家に師事した後、料理教室の講師を経て、フリーの料理研究家に。研究途上、栄養学の見地から野菜や果物のより有効な活用を思い立ち、エスニック料理の真髄を学ぶために東南アジア諸国を訪問。そこで習得した「美味しい健康食」の料理法をまとめ、発表した『くだものと野菜のヘルシークッキング』は、各方面から評価を得る。
入手しやすい材料からちょっとした工夫で作る料理や、化学調味料を使わない素材を生かした家庭料理が人気。テレビをはじめ、多数の雑誌で料理を発表し続けるとともに、新しい時代の食文化啓蒙活動にも力を入れている。

<!--/高城順子さんプロフィール-->

[ズッキーニ]どんな栄養が含まれていて、生食はできるの?

見た目はキュウリのようですが、「ペポかぼちゃ」に分類されるカボチャの仲間。原産地は北アメリカ南部やメキシコ北部ですが、イタリア料理やフランス料理などにもよく使われます。日本で広まり始めたのは1980年代から。現在は一般家庭でも食べられるようになり、出荷量、消費量とも増加傾向です。

最終更新:2022.03.02

文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
監修:高城順子、カゴメ

【関連記事】

おすすめの記事