Yahoo! JAPAN

元E-girls・鷲尾伶菜“伶”がYouTubeデビュー

ナリナリドットコム

2020年末に解散したE-girlsのメンバーで、ソロシンガーの鷲尾伶菜。アーティスト名を“伶”として昨秋活動をスタートさせると、配信リリースやYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に登場するなど活発な動きをみせてきたが、3月23日にYouTube公式チャンネルを開設した。

ソロ活動では、楽曲制作はもちろん、ビジュアルなどプロダクツ全般においてイニシアチブを持って取り組んでいる伶。その一環で、このYouTubeチャンネルも立上げられ、本人が選曲したカバ-動画の公開や、生配信、さらに趣味やプライベートに迫るような動画の公開も企画されているという。これまで以上に彼女のキャラクターを直に感じられるような内容になる予定だ。

カバーについては、これまでグループのボーカリストとしてメッセージを発信してきた伶が、より歌に向き合いたいという意向を反映し選曲される。

YouTubeチャンネルの開設を記念して、3月26日20時から、伶「初めてのYouTube生配信!#0」が決定。今回は、LDH Girls mobile会員より事前に集められた質問に伶が答えていく、というコーナーも設けられており、AbemaTVで配信されている恋愛バラエティ番組「今日、好きになりました。」の恋愛見届け人を務める伶からどのような答えが飛び出すか、ファンの注目を集めている。

今回のYouTubeチャンネル開設について、伶は「これまでは、E-girlsやFlowerのボーカリストとして、活動してきました。特にFlowerでは、多くの恋愛ソング、失恋ソングを歌って、愛について歌うことが多かったように思います。簡単に人に会えない時代に『本当に自分にとって大切な人は誰か。』が嫌でも炙り出されたような気がします。これからは、『伶』としてFlowerで伝えてきた『人を愛する歌』にこれまで以上に向き合い、表現者としてより多くの人の心に届く歌を歌っていきたいと考えています。この日本には、人々の心を癒す多くの名曲が存在します。その名曲達を歌い紡ぐことも、勝手にですが、日本のシンガーとしての役目だと捉え、さまざまな楽曲に挑戦していきたいです」と意気込みを語っている。

【関連記事】

おすすめの記事