Yahoo! JAPAN

「レンコン」を主役でつくる。箸が止まらない“鶏モモ肉とれんこんの甘辛炒め”レシピ

saita

鶏モモ肉とれんこんの甘辛炒め

仕事や家事でクタクタな日もありますよね。 そんなときはフライパンで炒めるだけの簡単レシピにしましょう。 今回は秋の味覚れんこんを使った「鶏モモとれんこんの甘辛炒め」をご紹介します。 調理時間はわずか10分!  えのきたけも入れてボリューム満点おかずにします。

「鶏モモとれんこんの甘辛炒め」の作り方(調理時間:10分)

〇材料(2人分)

・鶏モモ肉……1枚

・れんこん……150g

・えのきたけ……2分の1パック

〇タレの材料

・しょうゆ……大さじ2分の1

・料理酒……大さじ1

・みりん……大さじ1

・砂糖……小さじ2

・片栗粉……小さじ2分の1

〇準備
鶏モモ肉は一口大に、えのきたけは1cm幅にカットする。
れんこんは5mmの輪切りにしていちょう切りにする。酢水にさらし、よく水気をきる。
タレは混ぜ合わせる。

<作り方>

1.フライパンにサラダ油適量(分量外)を熱し、鶏モモ肉を皮から焼く。

2.皮に焼き色がついたら、れんこんを加えて炒める。8割くらい火が通ったら、えのきたけを加えて炒める。

3.火が通ったら、混ぜ合わせたタレを加えて炒め合わせる。

4.タレが全体に絡んだら火を止め、お皿に盛ったらできあがり。

今回は仕上げに白ゴマと小ネギをかけました。
辛いものが得意な方はタレを入れるときに鷹の爪を入れると、ピリっとしてアクセントになります。
または仕上げに一味唐辛子やラー油をかけてもOK。
タレが具材によく絡んでいて、シャキシャキッとしたれんこんの食感がよくご飯が進みます。
作り置きにもおすすめで、冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもぴったり。
鶏モモ肉は鶏むね肉やささみにするとカロリーダウンしてダイエットにも◎。
噛み応えがあるので、満腹中枢が刺激されますよ。

「鶏モモとれんこんの甘辛炒め」をご紹介しました。
具材を炒めたらタレを絡めるだけなのであっという間に作れます。
丼にすれば、洗い物が減って後片付けもラクラクです。
ぜひ作ってみてください。

RIE/ライター

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 親の愛かと思いきや作る人の特権? 「お母さんもうお腹いっぱいだから後はあんた達で食べり」には別の理由もあった???

    おたくま経済新聞
  2. 韓国の時代劇ドラマ人気ランキング…「花郎」「トンイ」「オクニョ」らランクイン

    ランキングー!
  3. 猫の『味覚』は人と違う?感知できる味の種類やおいしさの判断基準4つ

    ねこちゃんホンポ
  4. 大宮のカフェで憩う。こだわりを感じるおすすめ3店

    さんたつ by 散歩の達人
  5. <すみっコぐらし対マリオ!?>2021年クリスマスプレゼントランキング、1番人気のおもちゃは何?

    ママスタセレクト
  6. 週刊東洋経済「未来の成長企業」を特集 週刊ダイヤモンドは「強い株」、週刊エコノミストは「東証再編」

    J-CAST会社ウォッチ
  7. 産んだら自然に出ると思ってたのに!出ない、痛い、ツラい!私の母乳育児

    たまひよONLINE
  8. 「割愛する」の意味を“不必要なモノを切り捨てる”だと思ってない?

    saita
  9. 国民の99%が支持│迷い猫根絶のため、イギリスで「猫のマイクロチップ装着義務化」を検討

    ねこちゃんホンポ
  10. WIRED/エクリプス:デビュー20周年に提示した、生気と希望に満ちた力作!

    YOUNG GUITAR