Yahoo! JAPAN

日本女子大学(ぽんじょ)出身で驚く有名人TOP10

ランキングー!

日本女子大学出身の意外な有名人ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢6464名に調査した「日本女子大学出身の意外な有名人ランキング」を発表します。さっそくランキングをチェック!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【日本女子大学出身の意外な有名人ランキング】

第1位 高橋留美子(漫画家)
第2位 大坪千夏(フリーアナウンサー)
第3位 大石静(脚本家)

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)6464名

大学在学中にマンガ家デビュー!1位は高橋留美子さん!

<投票者のコメント>
「女子大だったんだ!」

「若いころから活躍してたのに大学卒業しててすごい」

「大学時代にデビューしており、その前に多くの出版社に漫画原稿持ち込んだと言う話は聞きますが、出身大学までは知りませんでした」

日本女子大学出身の意外な有名人ランキング、第1位は漫画家の高橋留美子さんでした!
高校時代から漫画を描き始め、日本女子大学在学中に小池一夫さん主催の劇画村塾で学び、1978年、大学2年生の春休みに描いた「勝手なやつら」でデビュー、同年に大ヒットとなる「うる星やつら」の連載が始まります。
1980年に日本女子大学文学部史学科を卒業後は本格的に漫画家として活躍を始め、そこから生み出した数々の名作で日本を代表する漫画家になりました。2020年には紫綬褒章も受賞されています!


国際的に活躍されています!2位は大坪千夏さん!

<投票者のコメント>
「意外性が最も強かった!」

「早稲田とかじゃないんだね」

「いろんな経歴があるイメージ」

元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する大坪千夏さんが第2位でした!
日本女子大学を卒業後、1990年にフジテレビに入社。
フジテレビ退職後はスイス、ブラジル、イギリスと居を移し、現在はマレーシアに在住。訪れた国は40か国以上という、ワールドワイドな活躍がすごいですね!2020年にラジオ番組にゲスト出演した際は、マレーシアのロックダウンの状況について語られていました。


文学部国分学科卒の経歴に納得!3位は大石静さん!

<投票者のコメント>
「やはり文学部かな?!」

「大石静さんの脚本大好きです!」

「文京区に通ってたんですね~」

脚本家の大石静さんが第3位に!日本女子大学文学部国文学科(現:日本文学科)卒業後、女優として活動されたこともあり、その後脚本家としての才能が花開きました。1986年に脚本家デビューし、1997年には朝ドラ「ふたりっ子」で向田邦子賞と橋田賞をW受賞。その後も数々のヒット作品を生み出し、2024年の大河ドラマ「光る君へ」の脚本家としても注目が集まっています。紫式部を主人公とした大河ドラマとあって、国文学科出身の大石さんの手で綴られる平安絵巻がとっても楽しみですね!


4位以下は和泉淳子さん(狂言師)や、村上祐子さん(元テレビ朝日アナウンサー、政治部記者)、首藤奈知子さん(NHKアナウンサー)などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事