Yahoo! JAPAN

南海キャンディーズが久々に漫才披露、解散危機を救ったネタに今田耕司「磨きがかかってた」

Techinsight

久々の漫才もさらにパワーアップしていた南海キャンディーズ

TBSのお笑いスペシャル番組『ザ・ベストワン』第2弾が8月2日に放送され、コントや漫才をはじめ企画「ベストワンミニッツ」で1分間ネタを披露するブレイク寸前芸人など総勢31組が出演した。そのなかで山里亮太と山崎静代による漫才コンビ・南海キャンディーズが懐かしいネタを披露するとMCの3人も大ウケで、特に今田耕司は南キャンの進歩に感心していた。

【この記事の他の写真を見る】

新型コロナウイルスの影響によりお笑い界でも無観客ライブを配信するケースが増えるなか、このたびの『ザ・ベストワン』は観覧席の間隔を広げてソーシャルディスタンスを保ち、観客がフェイスシールドをつけて感染対策を施した上でライブ形式を実現した。

南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代はライブ収録を終えた後、7月25日にインスタグラムで「久しぶりに漫才やらせていただきました」と相方の“山ちゃん”こと山里亮太と並ぶオフショットを投稿。「こんな時代なので、改めてすごいことやなぁと。。。ほんまに感謝です!!!」と感慨深げだった。

山里亮太は関西大学3年の時にNSC大阪校に入学すると、同じ22期生の西田富男と結成したコンビ「足軽エンペラー」でボケを担当していた。山崎静代は短大時代に女性コンビ「西中サーキット」を組んでやはりボケを担当していた。それぞれのコンビが解散して後、2003年に南海キャンディーズを結成する。

南海キャンディーズと言えば『M-1グランプリ2004』で初めて決勝大会に進出して注目を集めたことがブレイクのきっかけとなるが、実はその前に解散しそうな危機があったという。

『ザ・ベストワン』で山里は、ネタを披露する前に「このネタがなかったら解散していたかもしれない」と振り返った。コンビ結成時は「ボケ&ボケ」で漫才をしていたが笑いが取れず、ようやく「ボケとツッコミが正解だと気づいた」のが今回披露したネタ「美容師」である。

当時から約16年の間にいろいろなことがあった。山崎静代は2006年に映画『フラガール』での演技が評価され本格的に女優として活動するようになり、2007年にボクシングをはじめるとNHK木曜ドラマ8『乙女のパンチ』(2008年6月期)への出演を機に本格的な指導を受け、C級ライセンスを取得して2012年のロンドン五輪を目指したほどだ。

一方で山里亮太はテレビ番組のMCやナレーターを中心に活躍して人気タレントとなり、南海キャンディーズでの活動は少なくなった。やはり山里にとって最も大きな出来事は2019年6月に女優の蒼井優と結婚したことだろう。

そんな山里亮太と山崎静代が久々に披露した漫才「美容師」は、全身を使って暴れる山崎に手を焼く山里という構図がハッキリしてさらにパワーアップしていた。MCの笑福亭鶴瓶や本田翼は傍らで見ながら終始笑っており、よほどツボにハマったようだ。

山崎がボクシングのボディーブローを思わせるパンチを繰り出せば、山里が「絶対に明かされたくない過去」に触れられて「止めてくれ!」と嫌がる姿に妻・蒼井優への後ろめたさが漂ったりと、時の流れに応じてネタを変化させている。そんな南キャンの漫才を見て、今田耕司は「磨きがかかってましたね」と評していた。

ちなみにTwitter上では「南海キャンディーズ 美容師 野生の猪久し振りに見た やっぱおもろい ガチのボクサーの拳w」、「南海キャンディーズは好きなんだけど今日のはあんまり面白いと思わなかった」、「テレビ観なすぎて…南海キャンディーズさんのネタを今日初めてみました笑 おもしろいね」など様々な反響が見受けられた。

画像2枚目は『南海キャンディーズ しずちゃん 2020年7月25日付Instagram「久しぶりに漫才やらせていただきました。。。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 聞くだけで幸せ!お子さんが嬉しそうな顔をする瞬間を教えてください

    ママスタセレクト
  2. 「マットに乗って」のコマンドにしっかり従うハスキーくん♪ → でも「こっちへ来て」と言われると…。

    PECO
  3. 中川翔子“誕生ヒストリー”父・中川勝彦さんの二十七回忌に母が回想「子供を作ろうと言われ…」

    Techinsight
  4. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  5. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  6. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  7. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  8. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL