Yahoo! JAPAN

川崎市 「区民会議」刷新 案示す 2024年度、本格始動へ〈川崎市高津区〉

タウンニュース

昨年末の説明会=幸区、市提供

区民主体による地域の課題解決を掲げ、2006年から6期12年にわたり実施後、廃止された「区民会議」。市民が区政に参加する新たな場づくりに向け、川崎市は「考え方(案)」を今月公開。間口を広げた柔軟な仕組みで、2024年度の本格始動を目指す。

7区に設置された区民会議は、市長の附属機関として団体推薦や公募の委員20人以内で組織し、任期2年。地域課題の把握からテーマ選定、解決策の検討・実践まで期ごとに取り組んだ。高津区では「子ども・子育て支援」や「地域でつながる新しい形のコミュニティづくり」「地域防災の推進」等がテーマとなっていた。

17年度に行われた委員向けの調査では、有効性が確認された一方、「他の会議との重複感」「委員構成の偏り」といった課題も。高津区の第6期区民会議委員長の遠藤勝太郎さんは「(6期12年の間に)様々な問題を解決できた一方、同じ事の繰り返し等も多くなり、行き詰まり感があったのも事実」と振り返る。

機会拡充し、柔軟に

市は今回の案で、区民会議が担ってきた行政への参加の機能を見直し、「新しい参加の場」を構築する方向性を提示。「区役所が主体となって意見交換・議論する場を創出する」「附属機関とはせず、議題やテーマに応じて、弾力的に運用できる柔軟かつ、より多くの市民が参加できる仕組み」を基本とする。

新たな場の開催に向けては、地域の実情を踏まえた課題をくみ取り、議題をその都度設定。メンバーや人数、開催方法も固定せず、テーマに応じて決めていくものとしている。若い世代や新たな人材の確保も掲げ、オンラインでの実施など積極的にICTを活用し、傍聴できる工夫で公開された場を目指す。

市は昨年末、区民会議元委員や町内会に対して15回の説明会を開き、計242人が出席。参加者の意見を踏まえ、具体的な議題の設定方法やメンバー選出方法、課題解決に向けた調整フロー等を今後の検討事項にあげている。21年度中に「新しい参加の場」の試行を開始し、24年度の本格実施を目標とする。

市区政推進課では今年5月の「考え方」策定に向け、3月23日まで郵送等で意見を募っている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. NMB48[ライブレポート]白間美瑠プロデュース公演開幕! 25th SG選抜メンバーも発表「マジで最高!」

    Pop’n’Roll
  2. ももクロ 佐々木彩夏、ソロ配信ライブ<A-CHANNEL>BD&DVD発売決定+ティーザー映像解禁!

    Pop’n’Roll
  3. ラプンツェルから白雪姫へ「世界一髪の長い10代」12年ぶりに2mの髪を切る(印)

    Techinsight
  4. 「しつこいニャー!!」妹がかわいくて仕方ない兄猫、熱心すぎる毛づくろいをして妹猫に怒られる

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  5. 朝フルーツで痩せスイッチon!ダイエット効果の高い食べ方

    つやプラ
  6. 【ケンタッキー】新作パイは「キャラメル」!生クリーム入り...絶対おいしいやつだ。

    東京バーゲンマニア
  7. 【フローラS・マイラーズC】GⅠへの登竜門!東西の重賞で苦戦のローテーションに要注意【動画あり】

    SPAIA
  8. 整理収納アドバイザーイチオシ100均の神アイテム!使い勝手抜群のロングセラー収納ケース4選

    saita
  9. ”あたたかい場所”を求めていきついた先はテレビ台!? お気に入りの場所でひなたぼっこを満喫するフレブル♡

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  10. 自宅で散髪をしたところ…【子育てなめてました日記#86】

    たまひよONLINE