Yahoo! JAPAN

犬が『寒がっている』時に見せるサイン5選

わんちゃんホンポ

寒さに弱い犬

昔の日本では犬というものは外で繋がれて飼われているものでした。

当時の犬たちはいわゆる日本犬やその雑種で、固いオーバーコートとみっちりとして空気の層をつくり外気を肌に伝えないアンダーコートの2層の被毛を持っていました。

日本犬以外にも寒冷地原産の犬たちはこういった「ダブルコート」であることが多く、寒さに強いといえます。

例えばゴールデンレトリバーやグレートピレニーズ、サモエド、シェパードや、小型犬でいえばチワワやシー・ズー、ポメラニアン、フレンチブルドッグなどです。

しかし犬たちの中にはオーバーコートしかない「シングルコート」の犬種もいます。

日本ではプードル、ヨークシャー・テリア、イタリアン・グレイハウンド、ミニチュア・シュナウザーなどが良く見られます。

これらの犬たちは空気の層を維持するアンダーコートが無いため、気温の変化が肌にダイレクトに伝わります。そのため寒さに弱い子が多いようです。

犬が寒がっているときのサイン

人間は寒いときどのような行動をとるでしょうか。

✔鳥肌を立てて震える。
✔両腕を抱えて身体を縮める。
✔毛布にくるまったり厚着をする。
✔外出しない。
✔冷たいものを飲んだり食べたりしない。

このような行動に心当たりはありませんか?実はこれ、犬にも当てはまるサインなんです。

気温が下がって寒い季節になると、犬たちは

✔身体全体を小刻みに震わせる。
✔毛皮でおおわれていない部分を隠しながら丸まって寝る。
✔ベッドや毛布に潜り込む。
✔外出を嫌がり暖房の前に居座る。
✔飲水量が減る

というような行動を示します。人間とあまり変わりませんよね。

震えるというのは体の中で筋肉を小刻みに収縮させて熱を発生させるためですし、むき出しの鼻や足裏を隠しながら丸まっているのは表面積を可能な限り少なくして体外へ熱を逃がすのを防ぐためです。

今どきの犬たちは室内飼いの子も多いため手っ取り早く毛布などの中に潜り込んで暖をとる犬もいますし、もっと分かりやすいのはストーブなどの前にじっと座って動かなくなってしまう犬でしょうか。このような行動が見られた場合は、犬が寒がっているのだと思いましょう。

しかしこの「寒さのサイン」。意外と分かりにくいのが、飲水量の低下です。人間も寒いときは冷たい飲み物を飲みませんが、犬の場合もやはり寒いときは食器に入れてある水を飲まない傾向があります。これは身体を中から冷やしたくないということなのでしょう。

ただし食器に入れている水だと減り方が分からず、飲んだか飲んでいないかが判断できないことも多いです。その場合、おしっこの回数や量をよく見てあげてください。

回数が減り、色の濃い少量のおしっこが続いている場合は飲水量が減っているサインです。これが続くと腎臓や膀胱などのトラブルの原因になる可能性があります。

まとめ

人間も身体が冷えると風邪をひいたりお腹を壊したりと健康のトラブルが発生します。

犬も同様に寒さによって風邪をひいたり下痢をしたりしますし、冷たい外を歩くことで肉球のしもやけや怪我などのトラブルにつながることがあります。

適宜、防寒着を着せあげたり寝床に毛布を増やしてあげたりなど対策をしてあげましょう。

また寒さを感じた犬たちが暖房器具によってやけどをしたりすることもあるので、室温の調整をする際には気を付けてあげてくださいね。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事