Yahoo! JAPAN

野菜がおいしい「We are the farm」から待望のプラントベースコースが登場!

Vegewel

We are the farm

オーガニック、在来種、露地栽培にこだわり、年間150〜200種類近くのさまざまな野菜を栽培し、それらをおいしい料理として提供する「We are the farm」。

「We are the farm」といえば、とくにケールを使ったメニューが有名ですが、ランチのサラダビュッフェやバーニャカウダのファンも多いはず。そんな野菜にこだわるレストランからついに、プラントベースコースが登場しました!

Vegewel Style

「We are the farm」は、創業7年目、都内8店舗を展開。野菜が主役で新鮮野菜が思いっきり食べられるレストランとして愛されています。

「We are the farm」と系列店の「FARM TO GO」では、これまでヴィーガンのお客さんからのさまざまな要望に個別対応していましたが、今回、赤坂店のランチ限定のヴィーガンスープカレー、赤坂店限定プラントベースコースがメニューに登場しました。

ということで、運営元のALL FARM社長の古森さんに話を伺いました。

レストラン業界も変わる。サステイナブルレストランという考え方

Vegewel Style

今回、プラントベースコースを作ったきっかけのひとつが、サステイナブルレストラン協会の存在。

ミシュランのサステイナブルバージョンとも言われ、SDGsの取り組みからも近年注目されているレストランの新評価基準です。若者を中心にどんどん認知が広がっているSDGs、サステイナブルへの取り組み。

栽培から料理まで一貫して行なう「We are the farm」のあり方が再評価される時代になりました。

Vegewel Style

千葉の佐倉にある広大な畑では、定期的に収穫体験イベントが開催されています。5月23日には、畑でレストランのイベントも開催予定。撮れたてをその場で調理して食べるなんて贅沢ですよね。

レストランで提供される野菜は毎朝とれたて。社長、料理人自ら最高の状態の野菜を収穫し、その日のメニューに反映させています。毎日来ても入っている野菜は少しずつ変わるそうです。

野菜があふれるスープカレーはやみつきになる味

Vegewel Style

「ランチタイムに野菜をたくさん食べてほしい」との思いから、野菜が主役のスープカレーも音メニューに。

実はこれまでスープカレーを食べたことがなかったという考案者の太田さんは、一緒に作っているスープカレー好きのスタッフから、「ここの野菜でスープカレーを作ったら絶対においしい」という話を聞き、スープカレーの開発を始めたそうです。

かくして2カ月の準備期間を経て、ラーメンで言えば、とんこつ系のコクのあるしっかりした味のスープカレーが完成しました。

Vegewel Style

スパイスと野菜は相性がいいものの、どうやって野菜だけでコクや深い味を作り出すかが課題でした。

野菜のだしやゴマ、ピーナッツなどを使い、坦々スープのような満足感のあるスープができ上がりました。

入っている野菜は10種類以上。今回は春野菜であるタケノコのフリット、エノキのフリット・ケール・黒丸大根、スナップエンドウ、エシャロット・パプリカ・まいたけ・かぶなどが使われ、カラフルでボリューム満点!スープも癖になる味でした。

ごはんとの相性も抜群で、このボリュームでなんと税込1320円という破格です。

その時々の最高で希少な素材を使ったスペシャルコース

Vegewel Style

プラントベースコースもその時々の最高の野菜で作られます。普段全店舗では使えないくらいの収穫量の野菜を使い、コースでしか食べられないものもあるとか。

Vegewel Style

コースの内容はまず、土のスープから始まります。べジブロスと畑の土のミネラルが入ったスープをおしゃれにシャンパングラスでいただきます。やさいの味がギュっと凝縮したスープはものすごく贅沢な味わいでした。

Vegewel Style

在来種の小糸大豆を使ったフムスは幻の大豆とも言われ、クリーミーな大豆にレモン汁・ハーブ・スパイス・オイル・ベジブロスなどが入ったフムスを野菜やパンにディップしていただきます。

トッピングのナッツと一緒に食べることでも味が変わり、大豆の甘みをしっかり感じるフムスでした。今回のおすすめはスナップエンドウで今の時期この時期が一番おいしいとのことです。

Vegewel Style

メインはヴィーガンのごぼうのフリットとノンヴィーガンから選べます。(ノンヴィーガンは追加料金有)

Vegewel Style

デザートはナッツのアイスクリーム。食べるのがもったいない美しい盛り付けです。

Vegewel Style

見た目にも芸術的で美しいお料理たち。特別な夜の食事になること間違いなしです。

渋谷店で始まるヴィーガンスムージーボウル

Vegewel Style

バナナ・ミューズリー・カシューナッツ・植物性ミルクを使ったベースのスムージーボウルは2種類。

ケール・バナナ・オレンジの緑のスムージーボウル(写真左・税込1900円 )。スピルリナも入っていて少し苦みがあり、すっきりとした味わいです。

もうひとつはケール・バナナ・炭が入った黒いスムージーボウル(写真右・税込1900円)。赤いイチゴやベリーが映えます。味はバナナの甘みがおいしいです。ビーツ・バナナ・アサイーのピンクのスムージーもあります(2080円税込)。ビーツとトッピングのピンクが元気にしてくれます。量も多いのでお昼ごはんにも十分だと思います。

そのほか、ケールドリンクの新作はケールと甘酒。ますます腸活や免疫力アップにふさわしいメニューが増えています。

前菜開発中! 野菜の繊維のお肉

Vegewel Style

そして注目すべきは、現在、野菜の繊維の肉を開発していること。

実際に食べてみると、大豆ミートとはまた違う食感や弾力、うまみがありました。ジュースをしぼったあとの野菜やケールの軸などを使っているそうですが、どうやって作られたのか、まったくわからないほどよくできていました。

近年超加工品化している植物性ミートが増える中で、とくに期待される無添加野菜の繊維のお肉。レストランで提供される日が待ちどおしいです。

緊急事態宣言や時短営業、海外からの観光客の減少で、飲食店のほとんどが大きな影響を受けています。

免疫力を上げることを含め、健康意識が強い人が増えていますそんな中、「We are the farm」ではレシピ動画をYoutubeで配信するほか、Ube rEatsやケールジュースのデトックスキットの通販などが好評だそうです。

今回お話を伺い、会社の理念、こだわり、従業員もお客さんもその考え方に賛同し、何より従業員のみなさんが野菜や畑について、料理についてとても楽しそうに話されているのが印象的でした。

健康にも地球にも優しく、何より楽しんで作っているところが最高にかっこいいと感じました。愛情のこもった、おいしくてヘルシーな「We are the farm」の料理をぜひ楽しんでみてください。UberEatsを利用すれば、も自宅でも楽しめますよ!

We are the farm赤坂店
東京都港区赤坂2-17-69

We are the farm渋谷店
東京都渋谷区松濤1-28-11 Pigeon松濤高田ビル1F

※記事の内容は取材時点のものであり、変更される可能性があります。来店時には、あらかじめお店にお問い合わせいただくことをお勧めします。

【関連記事】

おすすめの記事