Yahoo! JAPAN

知床ウトロ発『アキアジ(鮭)釣り』満喫 カワハギ釣りファンにお勧め?

TSURINEWS

アキアジ釣りを満喫(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

オホーツク海に面するウトロ港発で、9月の限られた期間だけライセンス制度で楽しむ船釣り、それが鮭(アキアジ)釣りだ。日本全国から釣り人が集まる鮭釣りを紹介しよう。

アキアジ釣りのライセンス

9月1日にライセンスが開幕、25日間のウトロ漁港は活気が一年で一番ある。ライセンスといっても遊漁船の場合、予約自体は困難だが1000円のライセンス費用を支払うだけでいい。

ライセンスは1000円(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

大人気のウトロのアキアジ釣り

ウトロの秋アジ釣りは、予約は1年先、2年先も皆さん入れているので早めの予約が必要。船上は、地元の方から沖縄まで日本全国の方々が集まり釣り談義。去年同船した方にもお会いするなど、さながら同窓生の集まりでとても賑やかだ。

ショアからの釣りも人気

オフショアのみでなく、ショアからのアキアジ釣りも人気で、1mを切る間隔で一列に数十人並びサオを出す。また、ブッコミ釣りと呼ばれるサオをを数十本も浜に並べて、泊まり込みで釣りをする光景もこの時期の風物詩だ。

温暖化の影響も

近年、テレビでもアキアジの不漁が放映されているが、温暖化はオホーツク海にも影響がみられ、クロマグロ、ブリ、南国系などが釣れる中、毎年不漁の一途が進んでいるのが肌で感じられるのはとても残念である。オスは脂が乗り、メスはイクラが楽しめるので、北海道の釣り物では頂点にある。

アキアジ釣りのタックル&仕掛け

ウトロでは3本バリまでがルール、オモリは250号を背負える2m前後が基本である。昨今魚影が薄いので、長いサオで回遊のアナウンス時のみサオにアクションするだけでは、釣果は絶対に伸びない。

筆者のサオはDEEP ZONE(7:3)の150-210、リールはシーボーグ500JS(PE6号)にリチウム電池持参。過去の筆者の記事(船用電動リールにはリチウムバッテリーが好適のワケ 釣果の差にも直結)を参照頂くとご理解いただけるが、アキアジの食い上げにレスポンスよく巻き上げるには必須アイテムになる。

仕掛け詳細

仕掛けは市販品ではオモリから1mずつ、3本バリが基本、フロートカラーは銀、青系に赤系タコベーが基本であるが、シーズンに合った仕掛けカラーがとても重要である。筆者の仕掛けはモトス22号、オモリから30cm、50cm、80cmの合計160cm、あとはサオと仕掛けが船べりに丁度よくなる1m程度をとった合計2.6m 程度。ハリスは20号を40cmが平均サイズであるが、長め、短めを潮で調整しているので筆者は47cmで作成している。

仕掛けのフロートはとても賑やかなギミック満載、フロートに貼るシールや小物はご当地の釣具店に行けば専門のコーナーもあるが、慣れて来るに伴い自作することも楽しみのひとつだと思う。

3本バリ仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

エサ

エサは、カツオ、サンマが一般的であるが、生、血合い、えび粉、塩、ニンニク漬け等、味付けは多彩である。エサの付け方は半分に切り付ければ十分だ。

使用するエサ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

釣り方

釣り方はゼロテンションが基本、昨今ベタ底でしか釣れないことが多く、弛ませからゼロテンを繰り返す。

ルシャの手前でスタート

当日は5時集合、6時出船と例年の日の出前の出船ではなかった。理由を聞いてみると、なんでもウトロ漁協との取り決めで出船時間が遅くなったとのこと。昨今岸よりに集まらず、定置網には入らないが遊漁船では釣れていることも影響したのかもしれない。

出船を待つ同船者(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

6時になると一斉にウトロ港を数十隻が出港。先頭は筆者も乗船していた第八平成丸の瀬川船長だ。瀬川さんでも釣れなければ誰しも諦めるほどの凄腕船長、当日も気合満々での出港であった。

昨年までの朝焼けの知床連山に当日の爆釣祈願をしていた筆者には少々物足りないと思っていると、最初のポイントであるルシャ手前、硫黄山がよく見える116mラインでのスタートとなった。

お世話になった第八平成丸(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

オスの4kgアキアジ手中

開始早々、もぞもぞしたアタリがあり、アワせるとガツガツとしたいい引き。早速のアキアジかと思ったら90cm程度のマダラ。今回は早々とオホーツク海にお帰り頂いた。

その後、ゼロテンのサオ先がチョンと揺れ、アワせると一番下の銀色フロートに当日船中最初、4Kg程度のオスが掛かった。取り込むと、船中でバタバタと暴れるアキアジを、これもご当地でしか見かけないがシャケバットと言われる棒で頭を数回叩いて脳振とうさせ、その間にエラに血抜き用のナイフを入れバケツに入れておく。若干後ろめたい気持ちになる処理方法。

アキアジのアタリは繊細

アキアジのアタリはとても小さく、ゼロテンでのアタリの取り方はカットウフグ、カワハギの釣り方ととてもよく似ている。この釣りが得意な方はすぐに釣果が伸ばせるので、是非ともチャレンジしていただきたい。

しかし、このアタリでよく間違うのが、マフグとマダラ。巻き上げ途中でアキアジ特有のガツガツしたタタキがないと、まず間違いなくどちらかのゲスト。初心者はもとより上級者でも判らないことが多い。このマフグ、フグの調理免許を取得して新しい釣り物にすればきっと喜ばれると思うのだが……。

カシュニの滝でダブルヒット

早々とこのポイントを切り上げ、ルシャ越えして、タコ岩、カシュニの滝沖での釣行である。ルシャ越えはヒグマの目撃一級ポイントであるが、羅臼側からの風の通り道であり、横風がモロにあたりかなり濡れ、風が強いと荷物が飛ばされるので注意が必要だ。

また、カシュニの滝は知床岬クルーズで行かない限り一般の人は釣り人以外まず見られない風光明媚な場所であり、右に知床連山、左に知床岬が見られる場所であり、道民でも憧れのポイントである。

例年アキアジが回遊した時には船中誰しも、シングルはもとよりダブル、トリプルもあり、さながら戦場化するが、今年は大不調でフィーバータイムもほとんどないのが寂しい。しかし、それでも筆者は最後にダブルがあり一人プチ盛り上がりがあった。

最終釣果

沖上りの12時半、船中7人で20匹、筆者は7匹(オス3匹、メス4匹)のサオ頭ではあったが、ライセンス達成までにはならなかった。

当日の釣果(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

釣行の際のお役立ち情報

ウトロ漁港の駐車場は限られており、港近くは車中泊や場所取りでほぼ満車状態。荷物を降ろして国道近くの広場に駐車が必要。置き引きも多数発生しているので要注意だ。

コンビニ

コンビニはセイコーマート、セブンイレブンがあるが、24h営業ではないので夜中に到着の方は斜里市内迄の間で準備が必要。

釣具店

釣具調達は、斜里市内では坂本ホーマー、ミツバ釣り具の2店。知床ジャーニーでは釣果の加工を前提に80Lクーラーの氷入りを無償で借りられる。魚を持ち込み、加工方法を指定すればあとは自宅で待つだけなので、特に地方からの遠征には重宝する。

<前島宣秀/TSURINEWSライター>

The post知床ウトロ発『アキアジ(鮭)釣り』満喫 カワハギ釣りファンにお勧め?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事