Yahoo! JAPAN

イシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】

TSURINEWS

この時期浅場で手軽に狙えるイシナギ(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

5月16日と23日、茨城・日立港久慈漁港のモンロー号からイシナギ狙いで釣行。それぞれ3kgと5kgの本命を仕留めたので、その模様をお届けしたい。

モンロー号でイシナギ狙い

5月16日(日)、茨城・日立港久慈漁港のモンロー号からイシナギ狙いで釣行。同魚は水深400m近い深場の岩礁帯に生息しているが、5月ごろから水深100m以下まで上がってくるため、期間限定ではあるが気軽に大物釣りが楽しめる。

さすがに100kg級はなかなか上がらないが、昨年は18kg級を上げることができた。

強烈な引きの末、タモ入れ(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

イワシエサのチョン掛け

この日は次第に風が強くなる予報。9時ごろまで竿が出せるかどうかの状況。全員が了承のうえ、9人を乗せて港を離れる。

ポイントの水深は85m。持参したイワシエサをチョン掛けにして投入。常連のなかには、サバエサの人もいた。試釣では船中1~4尾と、全員が型を見て最高のスタートをきった。 

久慈漁港略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

しかし、最初の流しは残念ながら不発。ふた流し目、右隣の竿が一気に海面に突き刺さった。2.5kgと小型ながら、そのパワーは強烈。この釣りの魅力といっていいだろう。

続けとばかり、竿先を見ていると小刻みに震えた。イシナギがじゃれ付いているのだ。やがて、”クンっ”と一瞬、竿先が引き込まれるが、すぐに元に戻ってしまう。

仕掛けを回収すると、器用にハリが付いたエサの頭だけ残している。この釣りに限ったことではないが、魚たちのエサ取りのうまさには毎回感心させられる。

一気に引き込むアタリで3kg

投入し直すと、エサを確かめるような前アタリはなく、一気に竿先が海面に向けて大きく曲がった。竿を手にとると、立てるようにアワセをいれる。

「よし乗った!」感触を確かめながら、海底から引き離す。だが、ここで無理をしてバラしては元も子もない。海底から引き離せば7割はこっちのものだ。

何とか頭をこちらに向かせることに成功。巻き上げを開始すると、電動リールが唸りを上げ、二度三度と繰り返す強い引き込みをかわしていく。

しばらく巻き上げると手応えが軽くなる。しかし、ここで気を抜いてはいけない。テンションが緩むとハリが外れることがあるのだ。

やがて、水面下に姿を現してタモに収まったのは、3kgのレギュラーサイズ。しかし、予報通り8時をすぎたころから風が強くなって9時に納竿。

16日の3.5kg級(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

23日はひと流し目に3kg

23日(日)に再釣行。先週と違い、風はおだやかで曇天。水色は透明度が増しコンデションとしては文句なし。なにより、前日に22kgが上がっていて期待する。

ひと流し目からアタって3kgを取り込む。釣り始めから1時間で11人中8人が本命を釣り上げて、絶好調かと思われたが、このあとピタっとアタリが止まる。

23日に上がった3kg級(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

バラシを皮切りに船中次々

8時ごろまで、青物の反応はあるものの、本命からのシグナルはなし。ここで、突然大きなアタリ。ミチイトが引き出され、リールスプールに親指を当ててテンションをかけるが止まらない。

大きく頭を振っている様子が伝わってくる。30mほど引き出されたあと、フワっとテンションが抜けて軽くなって、痛恨のバラシ。

これを皮切りに沈黙をしていたみんなの竿が曲がり始める。この日2回目のフィーバータイム。船中でタモ取りを手伝っていると私の竿にもヒット。急いで魚をすくい釣り座に戻る。

なかなか海底から離れない。経験上、一気に電動のスイッチを入れるとバラす可能性が高い。手巻きで応戦しながら、何とか魚をこちらに向かせると一気に巻き上げる。

無事タモに収まったとたんハリが外れた。一瞬ヒヤリとしたが、まずまずの5kgをキャッチ。

筆者に5kg級(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

ビッグワンは12kg

船中、アタリが続くなか、同船者にヒット。この日、最大の12kgが取り込まれて沖上がりとなった。

23日の12kg級(提供:週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋)

<週刊つりニュース関東版APC・鈴木俊洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postイシナギ釣りで好釣 期間限定の大物釣りに注目【茨城・モンロー号】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 夏はトップチニングゲームが面白い 46cm頭にチヌ2尾【鳥取・中海】

    TSURINEWS
  2. 上目遣いで飼い主と見つめ合い、足にしがみつき寛ぐラブラドールが大きな赤ちゃん…を超えてもう恋人!【動画】

    Retriever Life
  3. 「ハッ」愛しい我が子の貴重なチンスリタイムを収めようとしたら…気づいた瞬間中止。それもまた可愛い【動画】

    French Bulldog Life
  4. (クソ-!!)雨が続いて散歩に行けず、ママのヨガマットに八つ当たりするダックス。それは掘らないで!【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【月10万で狂った義実家!物語】預けた1,500万を使い込んだ義母「もう会いません」<第27話>

    ママスタセレクト
  6. アーバンリサーチ 進化するインスタライブ/ライブコマースへの道

    encore
  7. THE BEAT GARDEN、3rdアルバム『余光』初回盤DVD収録の新木場STUDIO COASTワンマンライブのダイジェスト映像を公開

    SPICE
  8. 竹中凌平「カンパニー全員が紡いできた前編のバトンが、最高の形で後編に繋がりました」~『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-episode of FUTURE-後編、東京公演が開幕

    SPICE
  9. 【冷凍アボカド】が超便利!「セブン-イレブンvsトップバリュ」味&使いやすさを比較してみた

    ウレぴあ総研
  10. 新納慎也の演出家デビュー作『HOPE』高橋惠子と永田崇人・小林亮太のビジュアル公開

    エンタステージ