Yahoo! JAPAN

ATSUGIALL☆STARS チアジャパンカップで優勝 小・中学生の3部門で〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

3部門の優勝メンバー

(公社)日本チアリーディング協会主催の『JAPANCUP2021日本選手権大会』が、12月17日から19日まで東京都の国立代々木競技場第一体育館で開催され、厚木市を拠点に活動する「ATSUGIALL☆STARS」(登録名/あつぎチアリーディングチーム・遠藤志津枝代表)が、3部門で優勝した。

優勝したのは、チアリーディングスピリッツ演技競技(1チーム10人まで)の小学校低学年部門と同中学校部門、自由演技競技(1チーム20人まで)の小学校高学年部門。

8人で出場した小学校低学年チームのキャプテンの松村梨琴(りこ)さん(座間・東原小3年)は「優勝することができてみんなで喜んだ。練習したことをチームで合わせて力強くできた」とコメント。

同じく9人の中学生チームキャプテンの中渡世奈さん(荻野中2年)は「スタンツが無かった分、平場で合わせることに練習の時間を割き、本番でその通りにできた。モーションや表情にも気をつけ、力を発揮できたと思う」と笑顔で話した。

また、自由演技競技で規定人数の20人をまとめ上げ優勝した小学校高学年チームの高野礼愛(れな)キャプテン(相模原・大野台中央小6年)は、「練習からお互いに積極的に声を掛け合い、本番でも笑顔で成果を発揮できた。スピードも落とさずに演技できた」とこちらも笑顔だった。

指導する遠藤代表は、「完成度の高さがうちのチームの強み。毎回子どもたちは本番で強さを発揮してくれる」と喜んでいた。

同チームでは、地元厚木市をはじめ、愛川町、伊勢原市、平塚市、茅ケ崎市、秦野市、開成町、座間市、綾瀬市、相模原市、東京都町田市などの子どもたちが練習を重ねており、多くの大会で優勝している。

【関連記事】

おすすめの記事