Yahoo! JAPAN

親子でウェルカム!荒尾の癒しカフェ「Cafe Arbaro(アルバーロ)」は居心地抜群!

肥後ジャーナル

親子でウェルカム!荒尾の癒しカフェ「Cafe Arbaro(アルバーロ)」は居心地抜群!

子連れで外食ってなかなかのハードルの高さ。 それが、月齢が小さかったり、アレルギーがあるとなればなおさらですよね。 そんなお悩みを持つお父さん・お母さん必見!! 赤ちゃんから大人まで、どんな人でもあたたかく、最高のおもてなしで迎えてくれる、素晴らしい癒しカフェが荒尾にありました!

素足で歩き回れるお店

こちらが荒尾の森の中に佇む「Cafe Arbaro(アルバーロ)」。エスペラント語で森を意味するそうですが、その名の通り自然に囲まれた場所にあります。

店頭では、自然派の食品や体に優しいおやつなどが販売されており、100円から買えるお洋服のフリーマーケットもありました。

中は広々とした空間で、靴を脱いであがるので、思いっきりくつろいだ気分になれます。

ピアノもあり、コンサートなどが行われることも…。 赤ちゃんでもごろごろできて、素足で歩ける安心の空間です。

大人専用のテラス席もあり、暑くない日はロケーションを楽しむこともできるのが素敵…!

キッズスペースや授乳室も完備!

店内には、広々としたキッズスペースがあるので、子どもはのびのび遊べます。

授乳室やおむつ交換用のベッドもあり、赤ちゃん連れでも安心して過ごせます。

離乳食やキッズメニューも充実しているので、子育て世代は大助かり!離乳食は準備にも時間がかかるので、予約がおすすめです。

調味料も、坂本製油のしらしめ油やヤマアの九州丸大豆しょうゆなどを使用。ちなみに販売もされていますから、購入も可能なんですって。

幸せで満たされるごちそうランチ

ランチは、焼カレーやベジタコスなどありましたが、ごちそうランチセット(1760円)をチョイス。

見た目にも美しい、丁寧に作られたお料理の数々… 大豆を使ったソイカラを中心に、レンズ豆のスープや雑穀ご飯に、旬のとうもろこしなど、おかずもたくさん! また、器は福田るいさんの小代焼とのことで、見事な器がお料理を引き立ててくれています。

ソイカラは、外はカリッと中はジューシー!大豆だとは思えないほど、しっかり食べ応えもあります。 お米は無農薬の益城産米、食材もほぼ熊本や九州産で、可能な限り無農薬のものを使われています。

デザートの豆乳ブランマンジェも、優しい甘さでほっと癒される味。 お砂糖も、オーガニックシュガーやきび砂糖が使われている、こだわりっぷりです。

店内で生豆から焙煎しているオーガニックコーヒーや、自家製いちごシロップを使ったドリンクなど、飲み物にいたるまで、一切妥協なし!どれも手の込んだ体に優しいものばかりです。 こちらのお店は、アレルギーをもつ子どものお母さんや、関東から移住して来られたママたちが、自分たちができること、得意なことを持ち寄って、みんなでオープンさせたお店とのこと。ママ目線だからできる気配りや、「子育て中の人にゆっくりしてもらいたい」という愛情に満ち溢れていました!

おすすめの記事

新着記事

  1. 自分で眉ティントした女性、芋虫のようになって「笑うしかない」(英)

    Techinsight
  2. いまさら聞けない……発酵バターって何?有塩・無塩バターも含め徹底的に食べ比べてみた

    特選街web
  3. 子どもの朝の準備が遅くてママのイライラは最高潮に!でもひとりで身支度なんて、そもそも3歳でできる?

    ママスタセレクト
  4. 【伝説の逸品】幻の天ぷらパンで高校時代を思い出した件~ビッグママ(おいしいパン屋さん)/太白区長町&みやぎ生協名取西店~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  5. 加護亜依、闘病していた義父の旅立ちを報告「素敵な、お義父さんでした!」

    Ameba News
  6. 宮川大輔と白戸家のお父さんが「PayPay」新CMで初共演 テンション爆上がり

    おたくま経済新聞
  7. 【アジアンダイニングロータスラグーン】新潟駅前にいながら東南アジア周遊気分

    日刊にいがたWEBタウン情報
  8. 鶴ヶ峰ジャングル山の会 みどりの愛護で大臣表彰 23年の活動、他の模範に〈横浜市旭区〉

    タウンニュース
  9. 竹山住宅管理組合協議会 団地の未来を考える 「実現可能なビジョンを」〈横浜市緑区〉

    タウンニュース
  10. 南太田の「茶々坊」は豊富な種類のタピオカミルクティーが飲める シリーズ「テイクアウトみなみ」〈横浜市南区〉

    タウンニュース