Yahoo! JAPAN

河口域でのウェ―ディングゲームでマゴチ&セイゴ ニゴイとエイに苦戦

TSURINEWS

木曽川で釣りあげたマゴチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

2日連続で三重県桑名市の木曽川でウェ―ディングを楽しんだ。2日ともニゴイに手を焼いたが、上げ潮のタイミングにマゴチとセイゴをキャッチしたのでリポートしたい。

木曽川でルアーゲーム

9月10日、11日と三重県桑名市の木曽川へウェーディング釣行した。10日は前日の大雨で濁りが強く、岸際にはたくさん大きな流木が横たわっている。表層には無数のベイトが群れており、釣れる可能性は十分にありそうだ。準備を済ませて、まずは岸際をミノーで探るが反応がない。そこでボトムを探るが濁りがひどく、全く反応がない。

しばらくしてウェーディングできる水位になった。ゆっくりとすり足で浸かっていく。ゆっくりすり足で行くのには訳がある。今の時期は無数のエイがおり、誤って踏んでしまったら刺されて大変なことになる。ウェーディングするアングラーには、エイの怖さを分かってもらいたい。

ニゴイの猛攻に難渋

ポイントまで行き、まずは表層をミノーでゆっくりリトリーブする。1時間ほどキャストしたが反応がない。時間がたつにつれ、少しずつ濁りが取れてきた。そこでバイブレーションを、狙うポイントへキャスト。

ゆっくりとボトムにルアーを当てると強烈なバイト。アワセを入れ手前に寄せてくると、雨上がりの河川に多いニゴイだった。

両日ともニゴイの猛攻に手を焼いた(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

その後もニゴイが釣れ続き、疲れ果ててこの日は終了とした。

エイがボトムを占領

無数のベイトがいるので必ずターゲットがいると信じ、翌日も木曽川へ。濁りは少しだけ取れた気がするが、川の水は塩味がしない。まだ雨水が流れているようだ。現地に着いてすぐに、ウェーディングしてポイントへ。

数投キャストしてみると、釣れるのはやはりニゴイばかり。そこで河口にある沖堤に渡り、探ってみるとエイが釣れる。10投に3匹掛かるほどで、無数のエイがボトムを占領しているようだ。

マゴチ登場&セイゴも

たまらず先ほどのポイントへ戻る。上げ潮になる時間帯で、わずか1投で結果が出た。ボトムの岩にルアーを当てた瞬間ヒット。ランディングしたのはマゴチだ。写真を撮り優しくリリース。

マゴチをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

すぐさまキャストを繰り返すと、30cmのセイゴが釣れる。全てリリースして終了とした。

潮が差せばチャンスも

最近は雨ばかりで、なかなかターゲットがいないが、今後潮が変わるたびにそこは解消していくだろう。塩味がする河川になればクロダイ、シーバス、マゴチも活性が上がってくるだろう。今からの時期、魚を釣りたいと思うアングラーには活性が高い魚を釣るチャンスになるため、ぜひ木曽川へ足を運んでほしい。

また木曽川はウェーディングできるポイント、できない急激に深いポイントがあるため、釣具店で聞くか、地形を知っている釣り仲間と一緒に行き、安全第一で釣行に望んでもらいたい。

<週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post河口域でのウェ―ディングゲームでマゴチ&セイゴ ニゴイとエイに苦戦first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事