Yahoo! JAPAN

生麦トイカプセル誕生 駅改札横に設置 〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

生麦トイカプセル誕生

地元有志の団体・生麦盛り上げ隊が準備を進めてきた「生麦トイカプセル」が、10月1日、京急生麦駅改札横に設置され、発売が開始される。地域密着のご当地トイカプセルを通して、地元の活性化をめざす。

生麦トイカプセルは、埼玉県大宮市で流行し、浦和市や行田市など各地に波及している「地域密着ガチャ」の生麦版。大宮の企画に携わっていた人物が生麦出身であったことなどから、アイデアを知った生麦盛り上げ隊のメンバーが、地域活性化プロジェクトとして実現させた。

ゆかりの7種類

今回、第一弾として販売されるのはアクリル製のキーホルダー7種類。モチーフとなったのは、「生麦駅前通り商友会」「岸谷小学校」「安養寺」「ハッピーバーバーマツノ」「レディースファッションみその」に加え、わらで編んだ大蛇を担ぎ練り歩く、蛇も蚊も祭り(原地区)の非公認キャラクター「蛇も蚊もちゃん」と、同隊が目玉とする、京急全面協力のもとで実現した生麦限定版の同社マスコットキャラクター・「けいきゅん」だ。

盛り上げ隊代表の松野良明さんは、反響を見ながら大宮などと同様、第2弾、3弾と続けていく意向を示す。「エリアも鶴見、横浜と広げられれば」と話している。一個300円。上下セットの1台が10月1日、生麦駅改札横に設置予定。

【関連記事】

おすすめの記事