Yahoo! JAPAN

「ジ アウトレット北九州」徹底解説 全国初6店舗など約170店舗が集結

北九州ノコト

(アイキャッチ画像:施設看板)

4月28日(木)午前9時、北九州市八幡東区に「THE OUTLETS KITAKYUSHU(ジ アウトレット北九州)」がオープンします。

九州最大級となる約140店舗のアウトレット店舗を含め、全部で約170店舗が集結。そのうち、全国初6店舗、九州初12店舗、アウトレット業態初出店9店舗、地元企業(福岡県18社・北九州市6社)となっています。

また、JRスペースワールド駅から徒歩2分という利便性の良さは国内アウトレットでも珍しいとのことです。

施設コンセプトは「Meet Amazing Emotion」

敷地面積は約27万平方メートル。地上4階建てという広さを誇る同施設のコンセプトは「Meet Amazing Emotion」。

なりたい自分をかなえる「LIFE ENTERTAINMENT」、よりよい未来や街づくりを来店者とともに築く「SUSTAINABLE ACTION」、心から満足できる「アウトレットショッピング体験」の3つの価値を提供するといいます。

なりたい自分を叶える新しいモノや体験への出会いを創出「LIFE ENTERTAINMENT」

「LIFE ENTERTAINMENT」は、「学び」をテーマとしたエンターテインメント店舗の充実、陸上用トラック・芝生広場を備えた約3000平方メートルの「アクティベーションフィールド」を活用し、なりたい自分を叶える新しいモノや体験への出会いを創出してくれます。

このうち、「スペースLABO」「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY」「ASOBLE」「Gira Park HIGASHIDA」「the Farm UNIVERSAL」「FOOD FES ライダーズカフェ」について紹介します。

スペースLABO(北九州市科学館)

「スペースLABO」は、科学や技術への関心を高め、北九州市の未来を担う人材を育み、賑わいを創出する科学館。

高さ約10メートルという国内最大の大型竜巻発生装置や、国内最大級(内径30メートル)のドームに最新鋭の投映機器を備えた世界最高峰のプラネタリウムをはじめ、不思議な科学現象を体験・体感できるさまざまな展示を通して、楽しみながら科学的思考を養えます。入場はインターネットでの事前予約制となっています。

KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY(北九州グローバルゲートウェイ)

「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY(以下KGG)」は、「北九州から世界へ」をキーワードに「子ども達の未来に寄与する英語体験」を実現するために、日本にいながら海外の雰囲気を非日常的な空間の中で英語を体験し、学ぶことができる西日本エリア初の施設です。

「KGGスタジオ(TV撮影スタジオ)」「KGG Hotel & Resorts(ホテル)」「KGGマーケット(売店)」「KGGエアライン(飛行機)」「KGGレストラン(レストラン)」といったシチュエーションで、さまざまなチャレンジを通じて英語を学ぶことができるエデュテイメント施設。いつもの学校や教室から飛び出し、⽇本にいながら海外の雰囲気の中で英語の世界を体感することができます。

ASOBLE(アソブル)

「ASOBLE」は、「遊べば遊ぶほど未来が良くなる場所」をコンセプトに、遊びを通じて未来を考えるキッカケになるゲームや遊具を世界中から集めたアミューズメントパーク。

トランポリンのように飛び跳ねて遊べる「ふわふわドーム」、人の力で音や光を楽しめる「シーソー」「ブランコ」「スピナー」など、次世代遊具が無料で遊べるスペースや、絶滅危惧種を救うことをテーマとしたARシューティングゲーム、売り上げの一部を地域の子どもたちに寄付するチャリティークレーンなど、多種多様なコンテンツが楽しめます。

Gira Park HIGASHIDA(ギラパーク東田)

「Gira Park HIGASHIDA」は、北九州市のプロサッカークラブ「ギラヴァンツ北九州」運営のフットサルスクール。人工芝のフットサルコート3面を配置し、プロサッカーチームのコーチによるスクールの他、コート内でのレクリエーションゲームなど自由に楽しめる空間となります。

土日・祝日には初心者やファミリー向けのサッカー大会や、人気のソサイチ大会など、盛りだくさんの企画が開催されるとのことです。

the Farm UNIVERSAL

「全ての人が楽しめる植物の楽園」をコンセプトにした「the Farm UNIVERSAL」が出店。大人から子どもまで全ての人が植物を愉しむためのガーデンセンターとして、植物を体感しながら花苗や大きな庭木、観葉植物、珍しい多肉植物など自分にあったたくさんの植物と出会い、植物を愉しむための充実したツールやスポットを見つけることができます。

また、植物に囲まれたカフェとして「FARMER‘S KITCHEN」を併設。“ENJOY THE SEASON”“Eat Beauty Healthy”をテーマに、新鮮な旬の野菜をたっぷり食べられる、素材にひと手間を加えたメインになるサラダやピザ釜で焼き上げるピッツァやスイーツが堪能できます。

FOOD FES ライダーズカフェ

「FOOD FES ライダーズカフェ」は、「エンターテインメントライブキッチン」をコンセプトとしたフードブランドです。

施設中央のアクティベーションフィールド内に、子どもから大人まで楽しめる幅広いジャンルのフードを提供するフードトレーラーを10台設置、客席は約150席を用意します。「FOOD×MUSIC×PLAY」をテーマに、年間を通じてさまざまなイベントも開催されるとのことです。

選りすぐりのショップが登場「アウトレットショッピング体験」

やはり一番興味があるのは、「アウトレットショッピング体験」ではないでしょうか。

九州最大級のアウトレット店舗約140店には、「SN NISHIKAWA×じぶんまくら」「NIKE UNITE KITAKYUSHU」など全国初の店舗をはじめ、世界を代表するインポートブランド、アウトドア・スポーツブランドからセレクトブランドなどまで、選りすぐりのショップが登場します。 緑あふれる環境で、心豊かなブランドショッピング体験を楽しめますよ。

また、福岡・北九州ならではのグルメやオリジナルメニューなども取り揃えた「カフェ&スイーツ」など、25店舗も出店。北九州のご当地グルメ「門司港発祥焼きカレー」が味わえる「伽哩本舗」がアウトレットモールに初出店するほか、国内の厳選した果物を中心に販売およびフルーツパーラーを北九州市内で展開する「Fruit factory Mooon(モーン)」、福岡発祥のパンと洋菓子のお店「Mannekenpis & CERES(マヌカンピス&ケレス)」、福岡で連日行列が絶えない人気ハンバーグ店「極味や」、博多発祥のラーメン専門店「一風堂」などが顔を揃えます。

約1000席を備えるフードコート「FOOD FOREST」は、「光」「木」「緑」をテーマにデザイン。明るく落ち着いた雰囲気で食事を楽しめる空間を演出しています。

フードコートの一角にある「FAMILY TERRACE」は、子ども連れの人たちが利用しやすい工夫がいっぱい。

ベビーカー対応のボックス席やベビー専用カウンターのほか、ベビーカー置場もあります。

子ども用の低い高さのテーブル・イス席もいっぱい用意されています。

脱炭素やフードロス削減などに向けた多彩な取り組み「SUSTAINABLE ACTION」

脱炭素社会に向けた取り組みとして、施設の屋上には太陽光発電設備を約1000kW新設することで一般家庭の約300世帯分に相当するクリーンな電力を発電、施設内で利用することで再生可能エネルギーの活用拡大に取り組むといいます。

施設内のフードコートの内装およびファニチャーに福岡県産の木材も利用し、資材の地産地消にも貢献。リサイクル製品を建設資材へ活用したり、ペーパーレス化を推進したり、古紙を利用したトイレットペーパーを購入したりといった取り組みも。さらに、フードロス削減への取り組みとして、フードコートにドギーバッグも用意されています。

また、2005年に大型商業施設としては初めて本格的にユニバーサルデザインを導入して以来、独自の「ユニバーサルデザインガイドライン」を設けるなど、継続的に研究を重ねているイオン。「誘導サイン」「ベビールーム」「優先トイレ」「AED(自動体外式除細動器)」「ハートビルインターフォン」「体の不自由な人専用の駐車場」といった取り組みを行い、誰もが安心して利用できる居心地の良い空間の実現を目指しています。

駐車スペース4500台分 路線バス新規運行や「皿倉山」への無料シャトルバスも

JRスペースワールド駅から徒歩2分と、公共交通機関でもアクセスしやすい便利な立地の「THE OUTLETS KITAKYUSHU」。

敷地外駐車場含め約4500台の駐車スペース。自転車約800台分の駐輪スペースも完備しています。

また、福岡観光バス株式会社が北九州空港からTHE OUTLETS KITAKYUSHUまでの直行高速バスの新規運行を開始。西鉄バス北九州株式会社が運営しているバスの運行ルートは一部改定され、「23番系統・小倉~黒崎線」「41番系統・小嶺~戸畑・若松線」のTHE OUTLETS KITAKYUSHU発着便も運行予定です。また、福岡天神エリアとの交通利便性の向上のため、北九州~福岡線の一部の便の乗り入れも予定されています。さらに、新たに北九州市交通局による「小石~若松市街地~若戸大橋~THE OUTLETS KITAKYUSHU」「高須~青葉台~学研~黒崎駅北口~THE OUTLETS KITAKYUSHU」の2路線も運行開始予定。

「新日本三大夜景」「夜景100選」に選定されている「皿倉山」への無料シャトルバスを北九州市が新設。皿倉山ケーブルカー山麓駅との直行バスで、土日・祝日は1日9便、平日は5便の運航を予定しているとのことです。

また、北九州市内4か所目となる観光案内所「北九州市観光案内カウンター」も施設内に設置されます。

施設の詳細は、「THE OUTLETS KITAKYUSHU」ホームページで見ることができます。

■所在地/北九州市八幡東区東田4-1-1 ※JRスペースワールド駅から徒歩2分
■営業時間/物販店舗=10:00~20:00
フードコート=10:00~21:00
レストラン=11:00~21:00
スペースLABO=10:00~18:00
KGG=10:00~18:00
ASOBLE=10:00~21:00
Gira Park HIGASHIDA=10:00~24:00
※一部営業時間が異なる場合があります
■店休日/年中無休

※2022年4月25日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

【関連記事】

おすすめの記事