Yahoo! JAPAN

40歳を過ぎて「大学入り直し」した意外な芸能人TOP10

ランキングー!

実は40代以降で大学に入り直していた意外な芸能人ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢7510名に調査した「実は40代以降で大学に入り直していた意外な芸能人ランキング」を発表します。さっそくランキングをチェック!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【実は40代以降で大学に入り直していた意外な芸能人ランキング】

第1位 相川七瀬(國學院大学)
第2位 萩本欽一(駒澤大学)
第3位 ロンドンブーツ1号2号・田村淳(慶應義塾大学大学院)

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:10~50代の男女(性別回答しないを含む)7510名

3人の子育て、家事、仕事もしながらの高卒認定&大学合格!1位は相川七瀬さん(國學院大学)!

<投票者のコメント>
「生き方が尊敬できるのと、デビュー当時と現在も尚、素敵な女性だと思っております」

「ツアーの移動中でも勉強されていたそうです」

「子育ても忙しいと思うのに偉い」

2020年、45歳で國學院大學神道文化学部に合格した相川七瀬さん!
大学入学のキッカケは、日本の3地域(長崎県対馬市・鹿児島県南種子町・岡山県総社市)のみに伝えられてきた「赤米神事」の大使を長年務められてきた中で、もう一歩踏み込み、日本文化や神道を一から勉強をしてみたいとの思いから。
もともと歌手デビューのために高校を中退して上京していたので、まずは高卒認定をとらなければならなかったものの、お子さんとともに勉学に励み高卒認定を取得。コンサートをしながら大学の課題もこなすなど、忙しくも充実した毎日を送っているそうです!


認知症対策のため、73歳で大学入学!2位は萩本欽一さん(駒澤大学)!

<投票者のコメント>
「かなりの高年齢での大学入学には感服させられる」

「やっぱり『欽ちゃん』でしょうか。結果的に卒業までは行かなかったですけど、ちゃんと『宗教』を学びたいって意思を持って入学したと聞きました。何か勇気を貰いました。尊敬」

「学びたいと思う年齢がびっくり」

2015年、73歳で駒澤大学仏教学部に社会人入試枠で合格した萩本欽一さん!
大学入学のキッカケは、「認知症対策」。成果が見えたほうが嬉しいということで、大学受験を決めたそう!4年間通った後、2019年5月に自主退学。仏教を専攻していたので、真面目になりすぎて「笑い」の仕事に支障をきたすと思ってのことだとか。何歳になってもポジティブでアグレッシブな“欽ちゃん”の姿に勇気をもらえますね!


睡眠時間を削って、仕事と学業を両立!3位はロンドンブーツ1号2号・田村淳さん(慶應義塾大学大学院)!

<投票者のコメント>
「歳を取っても成長する気持ちが高ければ、進むこともできるとわかりました」

「多忙なのに大学にも通っていたのは意外」

「仕事もして大変そう」

2019年、45歳で慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学したロンドンブーツ1号2号の田村淳さん!
お母様の病気をきっかけに「遺書」のあり方について考えるようになり、2017年より遺書動画サービス「ITAKOTO」プロジェクトを始動。大学では「死者との対話」についての研究を重ね、2021年に卒業。教授からは「色々と周りから言われるだろうけれど、堂々と修士課程を修了したと言いなさい。私たちがそれを認める!」との励ましの言葉をもらったそうです!


4位以下は秋吉久美子(早稲田大学大学院)や、菊池桃子(法政大学大学院)、つるの剛士(小田原短期大学)などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事