Yahoo! JAPAN

【apelila アペリラ】 他では味わえない旨味がやみつき!京都自家製酵母のヴィーガンクッキー缶

デジスタイル京都

こんにちは!

クッキー缶が大好きなライター太田かおりです。

最近、サステナブルな植物由来の食生活への注目が高まっていますが、お菓子の分野でも様々なヴィーガンスイーツが登場しています。

今回は、「せっかく食べるのなら、良い素材を使った美味しいものを」という方にぜひおすすめしたい、自家製酵母のヴィーガンクッキー缶をご紹介します!

■京都で人気のヴィーガンベーカリーカフェ

京阪「出町柳駅」から川端通を北に歩いて8分のところにある「apelila」(アペリラ)。

自家製酵母を使ったヴィーガンのパンや焼菓子、ランチなどが楽しめる人気のベーカリーカフェです。

元々はパン教室をされていたオーナーの高橋さんが2015年にオープンしたお店で、店内にはシンプルなパンを中心に食パンやワッフル、サンドイッチなど20種類以上が並びます。

アペリラのパンの特徴は、自家製酵母を使って焼き上げていること。19年間大切に継ぎたしている自慢の酵母です。

その酵母や素材そのものの美味しさを味わって欲しいという思いから、卵やバターなどの乳製品は使わずヴィーガンに仕上がっています。じっくり発酵させたパンは、焼き上がりから熟成を始め、日に日にコクや旨味が増すのだとか!

同じく自家製酵母を使った発酵焼菓子も人気。ベーキングパウダーを使わず酵母の力で膨らんだクッキーやスコーンは、どれも酵母の香りと旨味が味わえる逸品です。

「クセになる美味しさ!」と人気で、リピーターの方も多いそう!

店内奥はカフェスペースになっていて、モーニングからランチ、デザートまでメニューも豊富。もちろん全てヴィーガンメニューで、自慢の発酵スープやサンドウィッチのほか、発酵グラノーラや豆乳アイスを使ったパフェも楽しむことができますよ。

■酵母の旨味たっぷりクッキー缶

今回ご紹介する「酵母クッキーオリジナル缶」(税込2200円)は、そんなアペリラの酵母クッキーが存分に楽しめるもの。

2020年9月に登場したこのクッキー缶はオーナーの高橋さんが「長年作りたかった」という商品です。

ロゴが入ったオリジナルの缶は、ゴールドのシンプルなイラストがとても繊細。

大きさは、たて約12cmよこ約15cmと、手に取りやすいサイズです。

蓋を開けると、酵母の優しい香りと、スパイスやハーブの香りが広がり、なんとも豊か!

ザックリと詰められたクッキーたちは、どこか伸びやかでかわいらしい雰囲気です。

形は、まる、さんかく、しかく、カモの形をした様々なクッキー。ココアのブラウンや、うずまきがアクセントになっていて、ザックリなのに統一感がある、絶妙なバランス!

■6種類のクッキー

クッキーの種類は6種類。左上から順に、

・ココナッツ

・ローズマリー

・くるみ

・チャイスパイス

・アーモンドカカオ

・プレーン

どれもクッキー缶のためにオリジナルで作られたものだそうで、味や食感が単調にならないようにこだわっています。

粉は、京都産全粒粉と熊本産薄力粉を使用。全粒粉は京都の契約農家さんのオリジナルで、お店のスタッフで収穫などのお手伝いもされているそう。

▲紹介カードの裏には「Enjyo!」の文字が。作り手さんの思いが伝わる一言が嬉しい!

■おうちカフェを楽しもう!

さぁ、おうちカフェを楽しみましょう!

今回は、器にクッキーとフルーツを乗せて、簡単デザートプレートにしてみましたよ。

クッキーは全体的に甘さ控えめ。ザクザクっとした食感でサイズは小さいものの食べ応えがあります。

バターが入っていないのに、酵母ならではの豊かな香りとコクがあり、小麦の旨味も相まって味わい深い美味しさです。「クセになる」と言われるのがよくわかる!

うずまきが特徴的な「チャイスパイス」は、スパイスが程よく効いていて奥深い味わい。生地も分厚めなので、ザクっと香ばしい1枚です。

お店近くの「鴨川」にちなんでカモの形をした「プレーン」は、シンプルなので小麦粉と天然酵母の旨味を一番感じられるクッキー。

日に日に旨味が増す変化を楽しめるのも、唯一無二の美味しさです。

■オンラインショップでの購入も可能!

購入は、店頭またはオンラインショップで。オンラインショップでの販売は人気なので、インスタグラムの販売告知をチェックしてみてくださいね。

酵母の旨味たっぷりのやみつきになるアペリラのクッキー缶、他にはない美味しさをぜひご賞味ください!

■スポット情報
店舗名:「apelila」(アペリラ)
住所:京都市左京区高野蓼原町36-3
電話番号:075-203-8506
営業時間:8:00~16:00
定休日:月曜・火曜

交通:京阪本線「出町柳」より徒歩8分

【関連記事】

おすすめの記事