Yahoo! JAPAN

年末年始の定期外旅客 県内民鉄 前年比41・9%減 〈横浜市神奈川区〉

タウンニュース

前年比41・9%減

神奈川県内に路線を持つ大手民鉄5社(京王・小田急・東急・京急・相鉄)の昨年12月31日から今年1月3日までの定期券利用客を除いた乗車人数(定期外旅客)は、前年同時期に比べて41・9%(443万3千人)少ない615万5千人にとどまったことが、各社の発表で分かった。

新型コロナウイルス感染症の拡大でイベントの中止や外出自粛が続き、鉄道各社も終夜運転の取り止めなどを行ったことなどが利用客の減少につながったとみられる。

減少率が48・5%と最も高かった京急は、102万5千人の減少。次いで小田急42・8%(105万人減)、相鉄42・6%(31万5千人減)だった。

【関連記事】

おすすめの記事