Yahoo! JAPAN

【読めたらスゴイ漢字】「玉蜀黍」なんてよむ?“夏に美味しい黄色い食べ物”です。

saita

「玉蜀黍」なんてよむ?

普段から目にしている身近なものを、漢字で表記してみたら……意外なその表記に驚くことがあるかも! 今回は意外と知らない夏の定番野菜の読み方を紹介します。

クイズ:「玉蜀黍」ってなんの野菜?

「たましょくきび」と書いて、なんて読むかわかりますか?
穀物の一種を意味する「黍」という漢字が使われていますが、なんの食べ物?
ヒントは夏野菜の1つ、甘くて栄養が満点の野菜ですよ。

答え:トウモロコシ

www.photo-ac.com

答えは「トウモロコシ」です。日本にトウモロコシが伝わってきたといわれる16世紀に「唐のもろこし」という意味を込めて、トウモロコシと名付けられました。

トウモロコシが日本に伝わる前に渡来していたもろこしという植物に似ていたことで、もろこしの漢字表記の1つ「唐土」が使われました。
しかし、外国から船に積んで運んでくるという意味の、「唐」を頭につけ「唐唐土」と表記すると……漢字が重複してしまったのです。
そこでもろこしの他の漢字表記である「蜀黍」と「玉」を使い表記されたそうです。「玉」は宝石という意味があり、トウモロコシの粒が黄金で美しい様子を表しています。

トウモロコシは茹でただけでも十分おいしいですが、おすすめは「とうもろこしのからあげ」と「トウモロコシの炊き込みご飯」。トウモロコシを丸ごと使ってつくります。トウモロコシの甘さを堪能できる大満足のレシピなので、ぜひ一度作ってみてくださいね。

いつもはカタカナ表記しか目にしませんが、漢字表記されている理由から野菜の歴史や当時の人の気持ちが見えてきますね。ぜひ食卓で漢字クイズと併せて、楽しんでください。

ayako/ライター

【関連記事】

おすすめの記事