Yahoo! JAPAN

磯フカセ釣りで良型イサキに挑戦 45cm級2ケタ手中【鹿児島・上甑島】

TSURINEWS

磯フカセ釣りで手中にした45cmイサキ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の沖磯でイサキが見え始めた。今年は例年よりも幕開けが早い上、サイズも上々だ。3月6日に釣行した時の様子をリポートする。

磯フカセ釣りでイサキ狙い

上甑島・里のイサキは、晩春から夏によく釣れる。オキアミをエサにしたフカセ釣りやカゴ釣りで、中層を探るのが一般的な釣り方だ。今回はフカセで臨んだ。序盤は沖磯の一部で見えだし、水温の上昇とともに釣れる範囲が増えてくる。

上甑島周辺図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

当日のタックルとエサ

午前5時すぎ、現地の渡船で近島に渡った。まきエサはオキアミ生に比重の軽いグレジャンボを混ぜたもので、さしエサはオキアミ生のLサイズ。ウキは潮乗りがいいR‐Gを選び、ハリはイサキの口切れを防ぐため、懐の広いザ・ロックをチョイスした。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

ミチイトを弾くアタリで45cm

まずは全遊動でサオ1本~1本半を攻めた。しかし、さしエサが残るので、ハリスにガン玉を打ってウキごと沈めてみた。すると、ミチイトを弾く魚信と同時にサオが曲がった。

魚は勢いよく沖に走るが、さほど重量感はないことからイサキと確信。すっぽ抜けしないよう、ゆっくり寄せると、45cmほどのイサキが水面を割った。

釣果と今後の予想

同じ要領でアタリは続いた。どれも45cmほどのジャンボイサキばかりだ。そのまま数を重ね、2ケタ釣ったところで9時すぎに納竿した。

現地のイサキはこれからが本番。時折、マダイや尾長(オナガ)グロも来るので、ハリスは太めにしておきたい。

良型イサギを両手に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事