Yahoo! JAPAN

がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kg

TSURINEWS

上位入賞を果たした6人3ペア(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

ゴールデンウイーク初日の4月29日、恒例の「がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会」が滋賀・甲南へらの池にて開催された。59組118人が参加したこの大会、合計19.2kgを釣った小寺宏和選手と西澤淑朗選手が優勝の栄冠を勝ち取った。

2年ぶりの開催

「恒例」の大会とはいえ、新型コロナウイルスの影響で今回は2019年以来2年ぶりの大会開催。まだまだ油断できない感染状況とあって、今回は参加者を絞り、前半後半での釣り座移動の廃止など、万全の感染対策のもと執り行われた。

午前6時に受付が開始されると、各選手スムーズに釣り座抽選を行い、釣り座について準備スタート。あいにくの雨予報のため、各自テントやパラソルを準備し、全員の準備が整ったところで、30分繰り上げてスタートとなった。

甲南へらの池全景(撮影:TSURINEWS編集部)

すぐに時合い落ちでぽつぽつ

スタートの合図とともに一斉に思い思いの仕掛けを振り込む選手たち。おなかをすかしたヘラブナが好反応を示したのは開始からしばらくの間だけで、すぐに時合い落ち。

使用した2号桟橋と3号桟橋ともに外向きがやや調子がいいようで、パラパラと散発的にサオを絞る内向きに対し、連発でサオを曲げる姿も確認できた。

サオを絞る参加者(撮影:TSURINEWS編集部)

一人目の検量

9時半ごろ3号桟橋で一人目の検量希望者が出た。道路向きの中央付近でサオを出していた葛西弘一さんで、重量は9kg。

しかし、ちょうどこのころから風が吹きはじめ、10時を過ぎたころからは予報通り雨が降りだし、選手たちを苦しめる状況に。

最初の検量は葛西弘一さん(撮影:TSURINEWS編集部)

天候悪化で11時に終了

その後、3号桟橋の道路向きで2人の検量希望者が出たものの、状況は好転しないまま天気だけが悪化。大雨の予報を受け予定より1時間半早い11時に終了となった。

大会風景(撮影:TSURINEWS編集部)

優勝は小寺・西澤ペア

検量の結果、優勝したのは合計19.2kgを釣った小寺宏和選手と西澤淑朗選手のペア。二人は甲南へらの池をホームとしており、普段から一緒に釣りをする仲良しペア。西澤さんはへら歴30年の小寺さんからヘラブナ釣りを教わったとのことで、師弟関係でもあるとのこと。

なお、準優勝は葛西涼選手と葛西弘一選手で合計16.5kg、3位は引口勉選手と小西和哉選手で14.6kgという結果になった。

優勝者インタビュー

最後に、優勝したペアの釣りを紹介する。

小寺さん

サオを絞る小寺さん(撮影:TSURINEWS編集部)

最初は8尺カッツケのセット釣りで入った。朝一4匹くらいはパタパタと釣れたが、その後はぽつぽつ。試釣でカッツケは落ちていくのがわかっていたので、遅くても9時にはトロ巻きか両ダンゴにかえる作戦だった。

風で流れがきつくてカラツンばかりだったので、9匹釣って1時間半後に両ダンゴに変更。すぐに答えが出て、いい型のがパタパタと2匹釣れた。ダンゴにしてからは40cmくらいのがよく釣れ、アタったらつくようなイメージで拾っていった。

小寺さんのタックル(作図:TSURINEWS編集部)

西澤さん

良型を取り込む西澤さん(撮影:TSURINEWS編集部)

両ダンゴで入ったが2、3匹しか釣れなかったので、1時間後にはトロ巻きに変更。沖の方に魚がいると思ったのと風がそこまでなかったので、サオもタナもエサもそのまま。

トロ巻きにかえてすぐぐらいはダンゴを受けながらトンと入り、その後アオリが出てドンと消し込むようなアタリが出た。時合いが落ちてきてからはいいペースでアタリが続かない状態になり、ハリスの長さを調整して何とかポツポツ拾った。

西澤さんのタックル(作図:TSURINEWS編集部)

<中西/TSURINEWS編集部>

The postがまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kgfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事