Yahoo! JAPAN

高校野球秋季北海道大会結果と2022年センバツ出場校予想

SPAIA

阪神甲子園球場ⒸSPAIA

クラーク記念国際が初のセンバツ確実

2022年のセンバツ高校野球の選考資料となる秋季北海道大会は10月12日に決勝が行われ、クラーク記念国際が3-1で旭川実を下して初優勝。53年ぶりの北北海道勢同士の決勝を制し、出場枠「1」の来春センバツ出場を確実にした。11月に開催される明治神宮大会に出場する。


クラークは初戦で田中将大(楽天)の母校・駒大苫小牧を4-1で破ると、2回戦も名門・北海に6-2で快勝。準々決勝で立命館慶祥、準決勝で東海大札幌をいずれも5-1で下し、決勝も甲子園に春夏計5回出場の旭川実に快勝した。

クラークが順当にセンバツに選ばれれば初出場となるが、夏は2016年に初出場して初戦で聖光学院(福島)に敗れている。

北海道勢は駒大苫小牧が2004、2005年に夏の甲子園2連覇し、2015年春には東海大四(現東海大札幌)が準優勝、2016年夏には北海が準優勝するなどレベルアップが顕著。南北海道の強豪を倒して頂点に立ったクラークも2度目の甲子園で“旋風”が期待される。

旭川実は惜しくも準優勝

準優勝の旭川実は、準決勝で初戦から3試合連続2桁得点を記録していた札幌国際情報を撃破。勢いに乗って頂点を目指したが、惜しくも届かなかった。

センバツ出場校を決める選考委員会は来年1月28日に開かれ、一般選考28校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校の計32校が決まる。組み合わせ抽選会は3月11日に行われ、同18日に開幕。30日まで休養日を含む13日間の日程で開催される。

【関連記事】
・高校野球史上2人しかいない甲子園で完全試合を達成した名投手
・甲子園でサイクルヒットを達成した高校野球の「7人の侍」
・高校野球都道府県別代表校の夏の甲子園最高成績【北海道、青森、岩手、秋田編】

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事