Yahoo! JAPAN

ANZEN漫才・あらぽんの妻、病院中が騒ぎになった自身の出生体重「ベビー体重計では測りきれなかった」

アメーバニュース

ANZEN漫才・あらぽんの妻、病院中が騒ぎになった自身の出生体重「ベビー体重計では測りきれなかった」

お笑いコンビ・ANZEN漫才のあらぽんの妻が2日に自身のアメブロを更新。自身の出生体重を明かし、当時のエピソードを振り返った。

この日、妻は「私の秘密?!」というタイトルでブログを更新。「最近よくビックベビー誕生!!」という話題を目にするそうで「どれくらいビックなのか気になり見ていると、4000g程の大きな赤ちゃん」と説明。

続けて「そう!私嫁ぽんもビックベビーなんです」「いや、スーパービックベビーです」と告白し、「当時、あまりの大きさに病院中が騒ぎになり、色んな科の先生が見に来たそうです 33年前。。」と回想。「当時のベビー体重計では測りきれなかったそうで、大人の体重計に籠に入れて体重を測った」といい、「気になる私の出生体重ですがな、なんと!!4724g!!」と自身の出生体重を公表した。

また、生まれた当時の身長は50cmだったそうで「ムチムチパンパン、オムツはすでに新生児サイズでは、メリメリっと剥がれていたようです」と説明。「この大きさなので、陣痛も苦しんだ後、緊急帝王切開だった」といい「予定日から1週間遅れ」の出産だったことを明かした。

さらに「小学校の時に、授業参観で産まれた時の自分について発表する授業があったのですが、めちゃめちゃ恥ずかしかった」という当時のエピソードを紹介。母親は「1番嬉しそうで嬉しくて 今でも、嬉しそうに話してくれます」と明かし、「今でも母はずっと私に、この帝王切開の傷は勲章 と言ってくれます」とコメント。自身の弟も「少し基準より大きめ」に誕生しているそうで「おそらく私も遺伝で、お腹のベビぽんも基準内ではありますが少し大きめです」とつづった。

最後に「出産って本当に人それぞれですが私を産んでくれた母には今自分が母になろうとしているからこそ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝を述べる一方で「しかし、私。。。デカいですよね?」と生後2か月頃の写真を公開。「ムチムチやないかい」とツッコミを入れ、「ちなみに、あらぽんは、3300gで産まれた時が、1番スリムだったそうです」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「出産頑張ってくださいね」「ステキなお母様」「まさかの秘密」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事