Yahoo! JAPAN

“食べ歩き”できる新しい横丁「狸COMICHI」この夏オープン!人気スポットの予感【札幌】

SASARU

再開発が進む北海道札幌市。
道産食材などを食べ歩きできる横丁が、狸小路に新しく誕生します。
どんな施設ができるのか、出店希望者向けの説明会を取材してきました。

2015年に衣料品店が閉店してから空き地だった札幌市中央区の狸小路2丁目。ここに、2022年7月に誕生予定なのが「狸COMICHI」です。

説明会の主催者によると「北海道の"食文化発信横丁"プラス"食べ歩き市場"」とのこと。

建物は地上2階建てで1階の一部に北海道自慢の海産物などを売る市場のほか、北海道内各地の食にこだわった飲食店が立ち並ぶ"横丁スタイル"。

18店舗が入る予定で、道内各地の情報を発信する観光PRスペースも設置されます。

釧路市でラーメン店に勤務する人は「夫婦で開業しようと思っている。自分で店舗を構えるよりも、こういう所の方が観光客も魅力を感じると思う。みんなで和気あいあいと出店できるのが良い」と期待を寄せています。

施設内は換気を徹底しパーテーションなどによる感染対策も万全。

狸小路から札幌を盛り上げていきたいと意気込む「狸COMICHI」は2022年7月に開業する予定です。

*みんテレ1月14日OAのものです

【関連記事】

おすすめの記事