Yahoo! JAPAN

東海道線 大船―藤沢駅間に新駅 「村岡新駅」2032年頃開業へ〈横浜市港南区・横浜市栄区〉

タウンニュース

村岡新駅(仮称)の現時点での完成イメージ(上/市提供)と新駅の位置図

JR東海道線大船駅─藤沢駅間で設置に向け協議が進んでいた「村岡新駅(仮称)」について、県と藤沢市、鎌倉市、JR東日本の4者は8日、設置に関する覚書を締結した。事業費負担などを含め、4者が最終的な新駅設置に合意した。JR東日本によると、開業は2032年頃。

「合意は3県市のこれまでの取り組みが結実したもの。村岡、深沢地区のまちづくり実現の大きな一歩になる」この日、オンラインで行われた締結式で黒岩祐治県知事は新駅設置の意義を強調した。

設置位置は藤沢駅から約2Km、大船駅から約2・6Kmの藤沢市宮前付近。かつて旧国鉄湘南貨物駅があった場所で現在周辺では村岡地区(8・6ha)と鎌倉市深沢地区(31・1ha)で一体的なまちづくりが進む。

新駅設置を巡っては、2018年12月に3県市が基本合意。翌19年1月に3首長がJR東日本の深澤祐二社長を訪れ、同社に一部費用負担を求める「戦略的新駅」の設置を要望していた。

事業費については同社が概略設計で約150億円と算出。県が30%、藤沢と鎌倉両市がそれぞれ27・5%、同社が15%を負担する。藤沢市の費用負担分は41億2500万円程度になる計算だ。

県などによると、今後21年度内に4者が基本協定を締結し、22年度以降、1〜2年かけて詳細設計を実施。約8年の施工期間を経て、32年頃の開業を見込む。

【関連記事】

おすすめの記事