Yahoo! JAPAN

阪神の“鯉キラー”大竹耕太郎がお得意様相手に登板 広島・森下暢仁は昨年「0勝4敗」の天敵退治なるか

SPAIA

広島・森下暢仁と阪神・大竹耕太郎のインフォグラフィック

昨季「6勝負けなし」の鯉キラー


“アレンパ”に向けて今季もここまでセ・リーグ首位を快走している阪神。それでも未だ混戦模様であることは変わりなく、交流戦を前に着実に現在の位置を固めていきたいところ。上位対決となる22日の広島戦は、“鯉キラー”の大竹耕太郎で必勝を期す。

済々黌高から早稲田大を経て、2017年の育成ドラフト4位でソフトバンクに入団したプロ7年目の左腕。現役ドラフトで昨季から阪神に移籍すると、新天地で才能が開花。チームトップ12勝を挙げる活躍で優勝に大きく貢献した。

実はその12勝のうち、半分に当たる6勝は広島相手に稼いだものだった。昨季の対広島は7試合の登板で6勝負けなし、防御率0.57という驚異的な成績。敵地マツダスタジアムでも4戦4勝、防御率0.68とまさに“鯉キラー”と呼ぶべき数字だ。

今季初対戦となった5月8日の試合でも6回1失点と好投。味方の援護なく白星はつかず、チームも接戦の末に敗れたものの、阪神・大竹の対広島の“不敗神話”は途切れていない。今季も変わらぬ相性の良さを発揮することができるだろうか。

昨季0勝4敗の阪神と今季初対戦

一方の広島は大卒5年目の森下暢仁が今季6度目の先発。ここまで3勝1敗で防御率1.39と安定した投球を続けているが、森下は大竹と対照的に昨季阪神戦で苦戦を強いられた。

昨季の阪神戦は5試合の登板で0勝4敗、防御率4.55という成績。昨季喫した6敗の半分以上を阪神につけられているのだ。

今季初対戦で苦手を払拭する白星を挙げることができるか。天敵退治のためには大竹の攻略が不可欠となるだけに、打率.364と好調なバッティングにも注目したい。

【セ・リーグ】
巨人・堀田賢慎-中日・小笠原慎之介(東京ドーム)
ヤクルト・小澤怜史-DeNA・ジャクソン(神宮)

【パ・リーグ】
日本ハム・福島蓮-オリックス・カスティーヨ(エスコンF)
西武・隅田知一郎-ロッテ・種市篤暉(ベルーナドーム)
ソフトバンク・和田毅-楽天・荘司康誠(京セラD大阪)

【関連記事】
・セ・リーグ球団別週間MVP 広島・坂倉将吾がチームとともに上昇、巨人・岸田行倫は打率5割
・パ・リーグ球団別週間MVP、ロッテ岡が12球団トップ ソフトバンク近藤、オリックス太田も好調
・2024年にFA権取得見込みのプロ野球選手、宣言なら争奪戦必至の目玉は?

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【松戸市】安心・きれいな町を目指して2周年!「きたまつどごみぜろくらぶ」

    チイコミ! byちいき新聞
  2. コストコ並の列ができる鮮魚スーパー! 「角上魚類」に閉店間際に行って刺身と寿司を買ってみたら…

    ロケットニュース24
  3. Da-iCE工藤大輝「TALK ABOUT」がオンエア!「我々世代からしたら堪ったものじゃない」

    WWSチャンネル
  4. 今でも仲良し!『NCIS:トニー&ジヴァ』に本家キャストたちが出演希望!

    海外ドラマNAVI
  5. Amazonで買った「トラック野郎の噴出花火(385円)」に火をつけた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. ケプラ、EMI Recordsからのメジャーデビューを発表 シングル「キセキ」リリースが決定

    SPICE
  7. フルーツでふふふ♪阪神梅田本店に日本各地の“旬のフルーツ”が大集合

    PrettyOnline
  8. 『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン2第1話が炎上!?あるシーンにファン激怒

    海外ドラマNAVI
  9. 【夫婦】知っておきたい家庭内別居のデメリット!経験者たちに聞いた #1「ラクだけど…つきまとう“悩み”」

    ウレぴあ総研
  10. これがコンビニスイーツ?「ファミリーマート×GODIVA」フラッペが本格的すぎるんですけど…!

    ウレぴあ総研