Yahoo! JAPAN

佐藤流司、サングラス×スカジャンの探偵役に 植田圭輔「最強のハマり役」

ドワンゴジェイピー

佐藤流司、サングラス×スカジャンの探偵役に 植田圭輔「最強のハマり役」

朗読劇『私立探偵 濱マイク -我が人生最悪の時-』の開幕直前舞台挨拶が17日、都内で行われ、主演の佐藤流司、矢部昌暉(DISH//)、志村玲於(SUPER★DRAGON)、太田奈緒、秋山真太郎(劇団EXILE)、植田圭輔が参加し、公演の意気込みを語った。




『私立探偵 濱マイク』は1990年代に人気を博したハードボイルド探偵シリーズ。映画監督の林海象氏によって映画3部作が制作され、後にテレビドラマ化された作品で、主演は俳優の永瀬正敏。映画公開から28年を経て、今回朗読劇となって上演される。

横浜の暗黒街・黄金町、横浜日劇の2階に事務所を構え、探偵を生業としている濱マイクの姿を通し、「友情」「正義感」「人への思い」を描く。濱マイク役の佐藤は「一見…いや、どう見てもヤンチャな作品なイメージを抱く方もいるかと思いますが、とてもいい作品です。忘れかけていた大事なことを改めて思い出させてくれるような心に響く作品になっています」とアピール。


また「2時間前に会場に入ったものですからちょっとバタバタしておりまして…。歯を磨いてすぐに皆さんのところに顔をお見せしたので口の周りに白いのが付いていないか、そういうことを確認しながらゲネプロをやりたい(笑)」と笑わせた。


白タク運転手で情報屋の星野役は、矢部と志村のダブルキャスト。矢部は「“人生最悪の時”というタイトルですが、来てくれたお客さんの人生最高の時になるように頑張りたい」、志村は「喜んで帰っていただけるような、そんな一時を一緒に過ごしたい」と気合のコメント。


紅一点、濱マイクの妹・茜を演じる太田は「お兄ちゃんだったり、人それぞれのあたたかさを感じさせられる作品。精一杯みなさんにお伝えできるように頑張りたい」と笑顔で、刑事役やストーリーテラーを担う秋山は「原作を踏襲しつつ、さらに家族の愛を描いていて改めて家族を大事にしようという作品になっています。ぜひ来ていただけたら」と呼びかけた。


植田は、物語のキーマンとなる楊海平を演じる。「個人的に、海外の方を演じるのが初めてなので、そういうところも真摯に演じたい。令和の時代にこういう作品をできるのは役者冥利に尽きる」と意気込み。さらに「佐藤流司、最強のハマり役なんじゃないかな。サングラスしてるんっすよ!」と話すと、横に立つ佐藤が「これネットニュースの見出しになりますね」とニヤリ。植田は「見出しを狙ってしゃべっています(笑)」と笑い合った。

同作は2月17日から23日まで、ヒューリックホール東京にて上演される。



舞台写真©︎朗読劇「私立探偵 濱マイク」製作実行委員会/曳野若菜



【関連記事】

おすすめの記事