Yahoo! JAPAN

猫がお手てで『ちょいちょい』する5つの理由

ねこちゃんホンポ

1. 撫でて欲しい

飼い主さんに撫でて欲しい時、猫はお手てでちょいちょいします。可愛い甘え方の1つですね。気分屋な生き物なので、甘えてきた時には全力で構ってあげましょう。こちらが撫でたくなっても猫は気分が乗らなくて、そっぽを向かれるかもしれません。

ちょいちょいして甘えてきた時が、絶好のもふもふタイムなのです。見逃さないように注意しましょう!たとえ忙しくても少し手を止めて、撫でてあげると満足してくれるでしょう。

上目使い+お手てでちょいちょい…これは最強の組み合わせかもしれません。見事撃沈される飼い主さんは多いことでしょう。

2. 大好きだから

飼い主さんのことが大好きだから、ちょいちょいしてくることもあります。ゴロゴロ言いながら、あなたの顔にちょいちょい…。これは「大好き!」のサインです。

猫の溢れる愛が、ちょいちょいという形で表れたのでしょう。もう、可愛すぎです。ただでさえ可愛いお手てで触れられたら、メロメロにならない方がおかしくないでしょうか?もはや必殺武器と言っても、過言ではありません。

3. ご飯の要求

ご飯を要求する時も、ちょいちょい炸裂です。お腹が空きすぎてもう待ちきれにゃい!!という気持ちが伝わってくるようです。

どうします?可愛いお手てを出して「ご飯ちょうだい?」っておねだりされたら、拒めないですよね?とはいえ与えすぎは肥満の元になります。

いくら猫に撃沈されたからといって、ザバザバとフードをあげるのは絶対に避けましょう。一日の規定量を守ることが大切です。

4. 何?これ

興味を持って、お手てでちょいちょい…。このパターンもありますね。猫はビビりなのに好奇心旺盛な生き物で、腰は引けつつも初めて見たものに近づいて行きます。そして、恐る恐る手を伸ばし…。

もしちょいちょい対象が変な動きをしようものなら、一目散に逃げていきます。逃げ足がダントツに早いのも猫なのです。そのスピードは時速50kmともいわれていますから、到底人は追いつけません。

5. こわっ!

不思議なのが猫が恐怖心を感じている時も、ちょいちょいすることです。怖い時はどちらかというと、猫パンチに近いばしっ!という感じに、なるようですが…。

怖さで震えながら、「おいっ!お前、何者なんだにゃん!あっち行け」とばんばんする姿…端から見ていると面白すぎです。

ですがあまり笑ってしまうと、猫はバカにされたと思ってしまうかもしれません。プライドを傷つけないように注意して、こっそり楽しませて貰いましょう。

まとめ

今日のねこちゃんより:猫ちゃん♀ / 雑種(ミックス) / 0kg

ただそこにいるだけでも可愛い猫。それなのに、丸っとしたお手てを駆使して何かを仕掛けてきたら、飼い主さんとしては抵抗のしようがありません。正に手玉に取られている状態ですね。たまには、いいですかね?と思いましたが、猫に操られるのは毎日のことでした!

【関連記事】

おすすめの記事