Yahoo! JAPAN

沖縄で住まうように過ごす空間 コンドミニアムホテル沖縄夢登 

HUB沖縄

保育園時代の石をそのまま庭に残してある

 那覇空港から車でおよそ40分。海が一望できる小高い丘に建つ、南城市のコンドミニアムホテル沖縄夢登(むーと)は、昨年12月1日にオープンしたばかりの5階建ての宿泊施設で、南部に位置しながら、ヤンバルのような雰囲気が漂う自然豊かで静かな場所にある。

もとは保育園!計画途中にコロナで「まさかや〜」

 元々ここには保育園施設があった。ところが財政不足に悩む南城市が売却することとなり、買い手がなかなか見つからなかったところ、手を上げたのがオーナーの嶺井博敏さん(61)だった。「いつもお世話になっていた地域に貢献できると思って。目の前の道はバスが通っていて、昔は賑やかな所だった。だから市からは『いろんな人が行き交う施設にして欲しい』とやんわりと言われて。それって宿泊施設作ってってことだよね」と笑って話した。

保育園時代の石をそのまま庭に残してある

 嶺井さんは、それまで34年間電気事業を営んでいたところを一念発起、銀行や地域関係者などと何度も交渉し、多くの人たちの助けを借りて建設に取りかかった。ところが、計画途中で新型コロナウイルスが世界中に蔓延し「まさかや〜」の事態に。それでも始めた事業を止めることなく前に進んだ。「僕は立ち止まったら死んじゃうマグロなんだ。どうにかなる。一生懸命やれば誰かが助けてくれるさ〜」と諦めることはなかった。

天気の良い日は久高島を望むことも

 そんなオーナー夫妻を支えているのが、娘である沖縄夢登の総支配人大城八弥さん(34)だ。6才5才3才の3人の母親で泡盛女王の経験もある。「父は無鉄砲。一度決めたら突き進むんです。母も同じかも。だから子どもたちが少しブレーキを掛けているんですけどね」と言いながらも、とても楽しそうである。

総支配人大城八弥さん

 沖縄夢登は全部で8部屋、内装が全て異なる。全室にベランダがついていて、ニライカナイから登る朝陽や沈む夕日を楽しめ、天気が良いと「久高島」を望むこともできる。なんと言っても、ベッドで目覚めたら海が一望できるのは、日頃なかなか経験できない。

 夜、屋上にあがれば、360度満天の星空を見渡せるなど抜群のロケーションだ。また、ファミリー層にも優しい和室がついた部屋や、ワーケーション、ワークショップなどで利用できる机を設置してある部屋もある。

畳のある部屋

「沖縄の風と香りと音を感じて」

 八弥さんは「ここでゆっくり、沖縄のローカルな風と香りと音を感じて欲しくて。いろんな人が集まって癒やされてくれたら。そして、南城市で感じたことを情報発信してくれたらさらに嬉しい」と、ここに来てくれたみんなが南城市の広報になってくれることを望んでいる。

 観光客だけでなく地域住民にも親しんでもらおうと、誰でも利用できる24時間コインランドリーを敷地内に設置した。

ベランダで風と香りと音を楽しめる

 オーナーの嶺井さんは「今、ふるさと納税返礼品にもしようと市と相談中なんですよ。南城市が元気になるように。バスもね、市民の為のバスだけでなく、ホテルを巡るバスも作って欲しいとお願いしていて。レンタカーがなくても大丈夫なようにして欲しいから。沖縄を何度も訪れている人にこそ、ここに来てゆっくりしていってもらいたい。特に僕らの年代(60代以降)の人たちを呼び込みたいよね」と言う。

 ゆくゆくは孫達に夢登を継いでもらい、自分はカフェのマスターになりたいそうだ。「だって、白髪で髭を生やしたマスターって格好いいでしょ」と目を輝かせて口角を上げた。

 元々あった保育園の子ども達の夢が登るように、ここに来た人たちが明日の希望をもって欲しいと名付けた『夢登』。「心も身体も元気になって帰って欲しい」とスタッフ全員が願っている。

コンドミニアムホテル沖縄夢登
沖縄県南城市玉城百名1118番地1
(098)988−9870
https://okinawa-mu-to.com

おすすめの記事