Yahoo! JAPAN

『サクラマスジギング』ステップアップ解説:チェーンリアクションとは?

TSURINEWS

バイトが連鎖するサクラマス(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

サクラマスジギングではしばしば、バイトが連鎖反応的に発生します。今回はこうしたチェーンリアクションにどう対応したらいいのかを考えてみたいと思います。

チェーンリアクション

サクラマスジギングでは、群れの中の1匹がジグに対して反応すると、群全体の活性が一時的に上がり、バタバタとヒットが繋がる場面があります。このように、1匹のヒットをキッカケに船中でのヒットが連鎖する状態を、チェーンリアクションと言います。

それまではサクラマスの気配さえなかったのに、突然始まるヒットラッシュ。サクラマスジギングでは、よく見られるパターンです。小規模な群れで移動するサクラマス特有の現象なのか?とにかく、スイッチが入った時の狂った様にジグにサクラマスの群れが反応するときはバタバタとヒットします。

最初の1匹が大事

ある遊漁船の船長の話では、「サクラマスジギングでは、船中のアングラーの連携がとても大事。サクラマスの群れにスイッチを入れて、最初の1匹を掛けられるアングラーが複数乗れば、それだけで船中釣果がよくなる」と言っています。

確かに、よく魚を釣るアングラーの隣に居る人も釣れることが多いので、寄せて貰ったサクラマスを釣り上げていることも多いのかもしれません。

ヒットの連鎖の起点となる最初の1匹を掛けられることが大事で、サクラマスジギングに長けているアングラーはこの点が抜きん出ていることが多いです。サクラマスジギングでのステップアップを考えるなら、誰よりも速く、群れの中の最初の1匹を釣り上げることを見据えるのも大事かもしれません。

チェーンリアクションで連発(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

トリガーの見極め

サクラマスジギングでの船中がバイトラッシュに包まれる瞬間。アチコチでサクラマスがバタバタとヒット。いわゆるお祭り状態となります。この瞬間はヒートアップして夢中ですが、よく思い出してみてください。初めの1匹は誰が掛けたのか?この最初の1匹を掛けたことがヒットの連鎖に繋がったのだとすれば、この事実がとても大きな意味を持ってくるのではないでしょうか?

先に書いたように、サクラマスジギングに長けたアングラーは群れにスイッチを入れてくれます。結果として、群れの活性が一時的にあがり船中でのヒットラッシュに繋がっていきます。

その日、その時のサクラマス攻略のキーポイントがそのアングラーの釣りの中にあるのかもしれません。そのサクラマスの活性を上げる引き金を見極めて実践し、自分のジグでサクラマスの群れの中から最初の1匹をキャッチできるようになれば、大きくステップアップしたことになるはずです。

連鎖に取り残される原因

船中でのヒットラッシュの際に、なぜか自分のジグにはサクラマスが反応しない場面も経験しています。両隣はヒット、また、ヒットとお祭り状態なのに、なぜか自分だけ取り残されてしまうこともあります。周りが釣れてるだけにパニック状態になってヒートアップしますね。

自分だけ釣れない原因はタックル?(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

レンジ

こんな時、何が原因で釣れないのでしょう。ジグの形状があってない?それともジグのカラーが合ってないから?と考えがちですが、多くの場合、釣れない理由はレンジが深すぎることが原因です。

こうした群れの活性が一時的に上がりヒットが連鎖する場面では、サクラマスは狂ったようにジグに反応します。大概は海面を目指してジグを追い上げます。

サクラマスの目線は水平より上方向に集中していますので、ジグが魚より少なくとも、上に位置していないとサクラマスは反応出来ません。この様なヒットが連鎖する状況では、探るレンジは浅めをキープするのが鉄則です。

ジャークスピード

もう一つの釣れない原因はジャークスピードです。サクラマスのジグに対する反応は上がっていますので、ジャークの速さ、テンポの速さも大事になってきます。海面に向かって逃げ惑うベイトをジグで演出することは大事ですし、シッカリと魚にジグを見せないことも場合によっては必要になります。

ヒットが連鎖する場面、船中ではラインがクロスしたり、右舷左舷でオマツリなども多発します。上手く周りのアングラーと連携を取り合って冷静な対処でキャッチに繋げてください。バラシやトラブルで折角のチャンスを無駄にしないためにも、連携プレーが大事です。

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

The post『サクラマスジギング』ステップアップ解説:チェーンリアクションとは?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事