Yahoo! JAPAN

喫煙禁止地区過料処分 ピーク時の5分の1に マナー向上は依然課題〈横浜市金沢区・横浜市磯子区〉

タウンニュース

喫煙禁止地区を歩く指導員

横浜市は街の美化や危険防止の観点から、人通りの多い場所や繁華街など8地区を喫煙禁止地区に指定し、違反者には2千円の過料徴収を行うなど、分煙環境の維持に努めてきた。過料処分件数はピーク時の5分の1と効果が表れる一方で、該当地区以外の喫煙マナー向上には課題を残している。

市は2008年、横浜駅周辺やみなとみらい21、関内の3地区を喫煙禁止地区に指定。以来、09年に鶴見駅周辺と東神奈川駅周辺、10年に新横浜駅周辺、18年に戸塚駅周辺と二俣川駅周辺を追加し、現在8地区が喫煙禁止地区となっている。

地区内では年末年始を除き、午前7時から午後8時まで専用ユニフォームを着た県警OBの指導員が巡回し、違反者から過料を徴収している。取組の効果もあり、喫煙禁止の認知度は向上。過料処分は09年度の5755件をピークに、19年度は1146件と5分の1に減少した。市によると今年度も19年度と同水準を維持しているという。

禁止地区拡大の声も

市は喫煙禁止地区を除き、屋外での喫煙を禁じているわけではないが、条例で歩きながらたばこを吸わないように求めているほか、ポイ捨ては2万円以下の罰金に処すると定めている。しかし、喫煙禁止地区ではない駅周辺や繁華街などでは、歩きたばこやポイ捨てなど、喫煙マナーが問題視されるケースは多い。そういった事情から市に寄せられた「市民の声」には、新しく喫煙禁止地区の指定を求める意見も出ている。だが、指導員の人件費や設置された喫煙所の清掃費用、路面標示の貼り替え等、今年度約1億2千万円の予算が計上されているように多額の費用が必要で、指定地区を増やすのは難しいのが現状だ。

市でも喫煙マナーの向上を目指し、14年度からは民間警備会社に委託して「歩きたばこ防止パトロール」を実施。今年度は喫煙禁止地区以外の27駅で展開している。今後はさらに、市民から要望の多いエリアについては啓発活動に秀でた指導員と連携した重点的なキャンペーンを実施していく計画で、11月26日にはあざみ野駅周辺(青葉区)で初めて実施するほか、今後も状況を見ながら啓発を続ける方針だ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【徹底検証】一番潤うのはどれ!?プチプラ化粧水ランキング

    つやプラ
  2. 創業230余年の『川甚』が、あの鯉こくと鰻重が、コロナで消える……江戸風情のある柴又を歩きつつ、最後の味をかみしめた!

    さんたつ by 散歩の達人
  3. luz、2ndシングル収録曲「アイビーラスト feat.oscuro」のMV公開

    SPICE
  4. 開催する、しない!?東京五輪 新聞社説が堪忍袋の緒を切った「中止派」「開催派」の意外な顔ぶれと論調は...(2)

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 開催する、しない!?東京五輪 新聞社説が堪忍袋の緒を切った「中止派」「開催派」の意外な顔ぶれと論調は...

    J-CAST会社ウォッチ
  6. 13000系5次車順次導入、新型ATSは京阪線全線へ……京阪電鉄の「安全安心」目指す施策・サービス展開

    鉄道チャンネル
  7. 不調の原因“呼吸の乱れ”をチェック! すぐできる改善法も

    anan総研
  8. 【根岸S】4角7番手以下が8勝 差し傾向強いレースで狙い目となるのは?【動画あり】

    SPAIA
  9. 『かりあげクン』「歩道橋」「足湯」32コマ 読むと不思議な気持ちになる?いつも真顔な“かりあげクン”の不条理マンガ

    ふたまん+
  10. 東京五輪へハンドボール主将の土井レミイ杏利が「レミたん」に変身する理由

    SPAIA