Yahoo! JAPAN

なぜ?犬が物をくわえながら持ってくる時の心理5選

わんちゃんホンポ

どんな理由が?犬が物をくわえながら持ってくる時の心理5選

愛犬がおもちゃを飼い主へと持ってくる光景は、犬を飼っているご家庭ならば何度も見かけたことがあるのではないでしょうか。犬が物をくわえながら持ってくる時、どのような心理が働いているのでしょうか。

1.一緒に遊んでほしい

犬が物をくわえて持ってくる時、最も考えられるのは「一緒に遊んでほしい」というアピールです。飼い主さんに一緒に遊んでほしいからこそ、自分が遊びたいおもちゃを持って近寄ってきているのです。

その日、あまりかまってあげられていなかったり、最近あまり時間が取れていなかったりといった状況に心当たりはありませんか。もしかすると、愛犬が寂しい思いをしているのかもしれません。

単純に、遊びたいという気持ちが強い活発な犬は、頻繁におもちゃを持ってやってくることもあります。手が空いている時は、ぜひ一緒に遊んであげましょう。

2.「かまって」と自分の存在をアピールしている

犬が物をくわえて飼い主の元へと持ってきたり、物をくわえながら目の前をうろうろしていたりする場合、「かまってほしいな」という気持ちから自分の存在をアピールしている可能性が考えられます。

「遊んでほしい」という心理と似ていますが、この場合は飼い主になかなかかまってもらえない寂しさから、「甘えたい」という気持ちが強い傾向にあります。

そのため、おもちゃだけでなく飼い主の気を引けるようなものを持ち歩いている傾向が強いです。靴下や洗濯物などをくわえて持ってくる場合は、「かまってほしいな」というアピールかもしれません。

3.飼い主をからかっている

犬がおもちゃをくわえて持ってきた…と思ったら、そのままこちらを見つめながら立ち去るような行動を見せるということはありませんか。これは、すでに犬が飼い主と遊んでいる気になっている可能性が高いです。

また、おもちゃをくわえて持ってきたのに、飼い主が手を伸ばした瞬間、離れるような行動を取る場合は、飼い主のことをからかって遊んでいる可能性があります。単純に遊びを楽しんでいるだけなので、叱る必要はありませんよ。

また、一度近寄ってから離れるという行動を繰り返す場合は、「一緒に遊ぼうよ!」というサインであることも多いです。ぜひ愛犬の誘いに乗ってみては?

4.持ってきたことを褒めてほしい

ボールを投げて取りに行かせるという『キャッチアンドリリース』と呼ばれる遊びをしている時、ボールを持って帰ってくると飼い主が「ありがとう!」「いい子ね」などと褒めてあげることが多いですよね。

こうした遊びを日頃から行っている場合、何かを持ってくると飼い主が褒めてくれると学習している犬は多いです。そのため、褒めてほしい時に飼い主の元へ何かをくわえて持っていくことがあります。

5.飼い主に喜んでほしい

以前、ボール遊びなどで物をくわえて戻った時、飼い主が嬉しそうな表情を見せた場合、犬はその時の飼い主の表情や様子をしっかり記憶しています。

そのため、飼い主が元気のない時などに「飼い主さんに喜んでもらいたい」「元気になってほしい」という思いから、物をくわえて持ってくることがあります。この時、犬は「これを持って行ったら喜んでいたよね!」という考えが働いているのでしょう。

物を持ってきて飼い主に渡すような仕草を見せた後、飼い主のことをじっと見つめている場合は、飼い主の表情から飼い主の様子をうかがっているサインです。「ありがとう」と気持ちを伝えてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか。犬が物をくわえながら持ってくる行動には、さまざまな心理が関係しています。その時の状況や愛犬の表情などから、どのような心理で物を持ってきてくれているのか当てはめてみましょう。

【関連記事】

おすすめの記事