Yahoo! JAPAN

高木ブー、見取り図からの質問に長さんを思う「グループの中では余計なことをしない」

フジテレビュー!!

お笑いコンビの見取り図(盛山晋太郎さん、リリーさん)が6月22日に、宣伝アンバサダーと日本語吹き替え声優に就任した、映画「ソー:ラブ&サンダー」の大ヒット祈願イベントに出席しました。

この作品は、「アベンジャーズ」などで知られる、マーベル・スタジオの最新作。破天荒な雷神ソーが全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴアに立ち向かう、ロック・バトル・アドベンチャー。

本イベントには、ソーの日本語吹き替えを務める三宅健太さんも登壇。

左から)盛山晋太郎、リリー、三宅健太、高木ブー

このイベントは、かつて雷神と称えられた菅原 道真(すがわらの みちざね)が祀られている、雷神ソーとも縁がある赤城神社で行われました。

祈祷の様子

盛山晋太郎、高木ブーに全力ツッコミ「これ完全に言わされてますよ!」

趣ある本殿を背景に登場した見取り図の2人。盛山さんの、「身が引き締まる」と緊張した様子に対し、リリーさんは、「ここ神社って言うんですか?」とボケて、余裕な表情。

主人公・ソーの魅力について、盛山さんは「神なのに人間臭く、どこかだらしない。性格だけでいったら僕に似てますね!」とコメント。

リリーさんは、「武器のムジョルニアなど、男の子が好きなものがギュッと詰まっていて大好き!」と、ファンならではの視点で魅力を語りました。

また、イベントには「雷神・ソー」にちなみ、日本を代表する雷様、ザ・ドリフターズの高木ブーさんがスペシャルゲストとして登場。

往年のコントさながらの雷様コスチュームに身を包んだ高木さんの登場に、盛山さんは「雷様だ!お会いできて光栄です!」と大喜び。

作品についての質問を受けた高木さんは、MCからの問いに「“ソー”ですね」と、タイトルをもじったダジャレ回答。

最新作についても、さらに被せて「“ソー”ですね」と答える様子に痺れを切らした盛山さんは、「これ完全に言わされてますよね!見たことない。『ソーですよね』だけのカンペ」とツッコみ、会場に笑いを誘いました。

そんな盛山さんは高木さんに、「芸人を長く続ける秘訣」を質問。

高木さんは、「グループの中では余計なことをしないというね。長さん(いかりや長介さん)がよくぼやくんですよ。メンバーのことに関してね。それを『はいはい、そうですか』って聞いてあげるのが私の役目」と話しました。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は、7月8日(金)より、全国公開。
©Marvel Studio 2022
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

【関連記事】

おすすめの記事