Yahoo! JAPAN

ゲームネット依存疑い 小中学生の1割 〈横浜市神奈川区〉

タウンニュース

ゲームネット依存疑い 小中学生の1割

市教委、初の実態調査

ゲームやネットへの依存について横浜市内公立学校の小中学生を対象に実施した市の実態調査で、回答した児童生徒の約1割が依存傾向にあることが明らかになった。市教育委員会では今後チームを立ち上げ対策を検討していく。

調査は、横浜市学校保健審議会ゲーム障害に関する部会が市立学校に通う小学4年生から中学3年生までの1万3245人を対象に実施。31・4%にあたる児童生徒4164人から回答を得た。ゲームやスマートフォンの使用状況や生活習慣、健康状態などを問う内容で、結果を分析してまとめた報告書が市教委に提出された。

中2の割合最多

調査結果によると、ネット依存傾向は全体の9・4%。男女共に中学2年生の割合が最も高かった。小学6年生で約4割、中学3年生で約8割が自分用のスマートフォンを所持する一方、フィルタリング機能を約3割が使用していないことも明らかになった。

ゲーム依存症傾向の児童生徒は全体の8・9%。「オンラインゲームをしたことがある」と回答した児童生徒はさらに割合が高くなり、12・6%に依存傾向が見られた。男子の割合が高く、特に小学4、5年生の男子では2割を超えた。

コロナ禍で深刻化

依存傾向の児童生徒には、睡眠不足や運動不足など生活習慣の悪化と深い関係が見られたことから、市教委の担当者は「学校や家庭に向けて依存症についての情報提供や相談機能を強化していきたい」と話し、今後プロジェクトチームを立ち上げ、地域の医療機関などと連携しながら対策を検討していくという。

ネット依存の治療に取り組む久里浜医療センター=横須賀市=の心理療法士で部会メンバーの三原聡子さんは、コロナ禍でネットやゲームの時間が増えていると指摘。「依存症の低年齢化が進んでいる。事前のルール決めや、ゲーム・ネット以外に子どもたちに楽しい体験や居場所を増やしてあげることが大切だ」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事