Yahoo! JAPAN

夏野菜をもっと美味しく!茄子は『甘辛炒め』にすればバラエティーも広がる!

オリーブオイルをひとまわし

夏野菜をもっと美味しく!茄子は『甘辛炒め』にすればバラエティーも広がる!

家庭菜園でもたわわに実る茄子は、食欲が落ちる盛夏の昼時でも食べやすい夏の味覚である。漬物、味噌汁、煮びたしなどなど、茄子の調理法は枚挙にいとまがない。そのなかでも、甘辛炒めはさっと作れる手軽さで人気である。白いごはんと相性がよい茄子の甘辛炒め、どんな調理法があるのであろうか。

1.鉄板の美味しさ!肉と食べる茄子の甘辛炒め

茄子を甘辛炒めにするといえば、まっさきに思い浮かぶ具材は肉だろう。野菜が苦手な子どもたちも、肉が投入されていれば甘辛の旨みと相まって喜んで食べるおかずとなるのである。それでは、どんな肉が具材としてふさわしいのか見てみよう。

豚のこま切れ肉はハズレなし

ごま油、醤油、みりんで味付けをする茄子の甘辛炒め、相性のよい食材の筆頭は豚肉といってまちがいない。ほどよい脂が乗っている豚のこま切れ肉は、食べやすさやコスパのよさからいっても万人受けすることまちがいない。翌日の弁当のおかずとしても、こま切れ肉に味がしみ込んで、白いごはんはさらに美味しくなる。

豚のひき肉で麻婆茄子風に

冷蔵庫にひき肉があるときは、茄子の甘辛炒を麻婆茄子風に食べることができる。ひき肉は箸では食べにくいので、思いきってごはんにのせてしまえば豪快に丼風の一品を楽しむことができるのである。

肉団子を入れてボリューム感たっぷり

子どもたちを喜ばせたいときには、肉団子を投入するという手もある。肉団子を加える場合には、さきに肉団子を炒めて火を通し茄子をフライパンに入れるという順になる。また、醤油やみりんのほかに、ケチャップや片栗粉を使ってとろみをつけるとより食べやすい一品となる。

2.あえて茄子と野菜だけ!ベジ風に楽しむ甘辛炒め

茄子の旬は、夏野菜が美味しい季節と重なる。そこであえて、香辛料をきかせて野菜だけの甘辛炒めを楽しむのもオツである。野菜の滋味は、ワインにも合うことが多いのである。大人の味を楽しむための茄子の甘辛炒め、そのアイデアをいくつか見てみよう。

旬の夏野菜とともに

夏に美味しくなる野菜には、どんなものがあるであろうか。
まず、ピーマンやししとうが挙げられる。いずれも、苦みや辛みがありこれがほどよいアクセントとなる。甘みが欲しい場合は、パプリカを使用すると見ためも一気に華やかになる。
茄子と同じように家庭菜園でも栽培しやすいズッキーニも、甘辛炒めにはよく合う食材である。ニンニクの芽を加えても、食欲を刺激してくれる。醤油やみりんで基本の甘辛の味付けをするだけではなく、味噌や唐辛子を使用して大人の味付けにするとさらに酒も美味しくなる。

あえて茄子だけで楽しむ

新鮮な茄子がたくさん手に入った場合は、あえて茄子だけで甘辛炒めを楽しむのも夏らしくてよいかもしれない。ほのかに香るゴマ油と、濃い目に味付けをした甘辛の茄子はまさに夏の贅沢といえる。好みで、唐辛子で辛くしたり生姜で香り付けをしたりすることをおすすめする。
淡白な味わいの茄子であるが、意外とアクが強い食材である。茄子だけで甘辛炒めを勝負する場合は、調理前に茄子のアク抜きをするとより美味しく仕上がる。

3.イタ飯風に楽しむ茄子の甘辛炒め

海外に目を向ければ、地中海地方でも茄子はよく食べられている。イタリアのシチリア島には、茄子を甘辛く食べるレシピも存在しているのである。甘辛の味は、塩、白ワイン、砂糖、玉ねぎ、干しブドウで付けることになる。また、ごま油ではなく、炒める際に使用するのはもちろんオリーブオイルである。ナス、玉ねぎ、干しブドウ、松の実を炒め、白ワインと塩で軽く味付けし、最後はバジルとミントの葉を飾る。バジルとミントの香りが涼しげで、よく冷やした白ワインと美味しく食べることができる茄子の甘辛炒めとなる。シチリア風に、リコッタチーズと食べてもオシャレな一品となる。

結論

茄子の甘辛炒めは、夏の食卓で大活躍をしてくれるメニューである。肉を入れてボリュームを出しても、野菜だけであっさりと食べても飽きのこない美味である。趣を変えて地中海風の甘辛炒めも、白ワインで楽しむことができる。コスパもよい茄子、さまざまな甘辛炒めで堪能してほしい。

【関連記事】

おすすめの記事