Yahoo! JAPAN

山田孝之『全裸監督』女優陣に“ガチ”嫌われ、罪滅ぼし告白

ドワンゴジェイピー

山田孝之『全裸監督』女優陣に“ガチ”嫌われ、罪滅ぼし告白

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督シーズン2』ワールドプレミアが22日、都内で開催され、主演を務めた山田孝之をはじめ、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、西内まりや、増田有華、國村準、武正晴総監督、後藤孝太郎監督が登壇した。

本作は、本橋信宏の「全裸監督村西とおる伝」を原作にしたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』の続編。アダルトビデオ業界の頂点に立った村西(山田)が、衛星放送事業に乗り出したことにより、多額の借金を抱え、転落していくさまを描く。

前作に続いて村西を演じた山田だが、今作では暴走ぶりが目立ち、劇中でも会社の仲間たちや、AV女優たちを罵倒するシーンが多々見られる。女優たちの姉御的存在である奈緒子を演じた冨手は、山田とかなりやり合うが、これまで苦楽を共にしてきたからこそ、「村西監督のことが大嫌いになり、山田孝之さんことが大嫌いになりました」と告白する。

司会者が「役としてでしょ?」とフォローするが、冨手は「現場では孝之さんも村西とおるとして存在しているので、目が合うだけでイラつくし、いるだけで嫌な感じになっちゃったんです。それは私だけではなく、女優陣みんなそうだったと思います」と正直に語る。


山田自身も自覚はあったようで「本当にそうなんですよ」と苦笑いを浮かべると「さっきもみんながしゃべっていても顔が見られないんですよ」とつぶやく。続けて山田は「だから僕ができることは、皆さんのインスタグラムにひたすら“イイネ”を押すことぐらいなんです」と、ささやかな罪滅ぼしをしていることを明かしていた。


本作のミューズ・乃木真梨子役として作品に参加した恒松は、オファーを受けたとき「正直なんで私なんだろう」と率直に思ったというと、「色っぽい皆さんのなかでどうやって生き抜けるのだろうか」と悩みのなか挑んだ作品だったという。

恒松は、黒木香を演じた森田に対して、かなり個性的なアプローチ方法を試みた。森田は「いきなり恒松ちゃんがやってきて、私の肩を揉み出して『黒木さんのこと普段からイラつかせようと思っているんですよね』と言ったんです。まだあまりよく知らない状況だったので、役作りなのか、素なのか全然分からなくて……」と困惑したことを明かす。

このときのことをメイク室で見ていたという山田は「本当に一番怖かった。村西を取り合う二人なので……」と生々しいやり取りだったと証言すると、恒松は「本当はそこまでやらないつもりだったのですが、武監督から『イヴのすべて』みたいな感じでやってと言われて……」と役作りだったことを明かす。そんな二人だが、いまは「すごく仲がいいんですよね」と笑顔を見せていた。


また、村西監督になり切った山田の演技も、シーズン2ではさらに冴え渡っている。特にかなりの増量で臨んだ山田の体型は衝撃的だ。後藤や増田からどんな方法で増量したのかを問われると、山田は「私もまだCMが欲しいし、お金も欲しいので、具体的な話はできないんですよね」ととぼけると「高カロリーのものを食べていたとしか言えませんね」と笑わせていた。


「村西とおるが暴れまくる転落の物語です」と山田は本作について語ると「作品として楽しんでもらえるように、派手に転がり落ちているので、そこに注目してほしい」と自信をのぞかせていた。

【関連記事】

おすすめの記事