Yahoo! JAPAN

県いちご品評会 新品種で農水省局長賞 中河内の橋本順一さん〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

JA全農かながわの「令和3年度神奈川県いちご品評会(果実の部)」が13日に平塚営農経済センターであり、海老名市中河内の橋本順一さん(49)が新品種の「かなこまち」で農林水産省生産局長賞を受賞した。

県いちご組合連合会が主催するこの品評会は農家の生産技術向上や「神奈川のいちご」の振興を目的に毎年開催されているもの。今年は138点の出品があり、いちごの大きさや形、色つやなどが審査された。

橋本さんのいちごは実が形よく揃っていることや輝くようなつやなどを評価され県知事賞に次ぐ農林水産省生産局長賞を受賞した。「かなこまち」では最上位だった。

橋本さんは「県の新品種を盛り上げたいと思いこだわって選別をしたかいがあった」と話した。

この他の市内農家の受賞者は以下の通り。敬称略■県農業会議会長賞/武井哲也■県農業協同組合中央会会長賞/遊作準■県信連経営管理委員会会長賞/宮嵜隆雄■県いちご組合連合会会長賞/尾上年一■JA全農青果センター(株)営業本部神奈川センター長賞/遠藤剛

待望の新品種

「かなこまち」は県内農家の県独自の品種が欲しいという声に応えるため、県が2014年から紅ほっぺとやよいひめを交配し開発した新品種のいちご。今季は試験的な生産で、来季から本格的に市場に並ぶ見通し。海老名では昨年9月ごろから生産がはじまった。

甘みが強く、酸味とバランスが取れた味が特徴。海老名グリーンセンターで購入できる。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. キスシーンが上手な韓国イケメン俳優TOP10

    ランキングー!
  2. 【フェア開催】生産量日本一鳥取県の「砂丘らっきょう」を使用した “らっきょうづくしメニュー”提供

    ソトコトオンライン
  3. 400年の歴史を誇る博多曲物をリブランディング|博多曲物 玉樹

    muto
  4. 【今週の運勢】5/23~5/29の星座占いで運勢と恋愛を知ってハッピーな1週間を♪

    PrettyOnline
  5. 旦過市場内「ゆめマート」2階に100円ショップ「キャンドゥセレクト」オープン

    北九州ノコト
  6. 「スペインに行くよりは近いから、来てほしいな」 人は全然いないけど...「志摩スペイン村」のおおらかさが素敵

    Jタウンネット
  7. キッチンにトド出現!?もふもふボディーが魅力的な猫さんの姿が『まるで可愛いトド』と話題に♪

    ねこちゃんホンポ
  8. 丹波篠山の工芸を学べるワークショップ&クラフトマーケット 篠山チルドレンズミュージアム「丹波篠山クラフトヴィレッジ」丹波篠山市

    Kiss PRESS
  9. 【3年ぶりに開催】九州代表グルメのオールスターが集結!5月25日(水)から「第19回大九州展」

    ソトコトオンライン
  10. 【クイズ】「葡萄柚」なんと読む?ヒント:収穫量日本一は静岡県!

    ソトコトオンライン