Yahoo! JAPAN

「初代プレステ」名作ソフトTOP10

ランキングー!

初代プレイステーション名作ソフトランキング<90年代中期>

今回は初代プレイステーションソフト(1994~1997年発売)の中で「名作だと思う作品」という項目で調査を実施。みんなが熱中したあの大作RPGは何位に登場するのか?注目のランキングです!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【初代プレイステーション名作ソフトランキング<90年代中期>】

第1位 ファイナルファンタジーVII
第2位 電車でGO!
第3位 バイオハザード

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:20~50代の男女(性別回答しないを含む)6913名

世界累計で1000万本を売り上げたメガヒットRPG!1位はファイナルファンタジーVII!

<投票者のコメント>
「キャラクターが魅力的でストーリー含め記憶に残る名作だと思う」

「初代PSもやったし、PS4のもやってる」

「FFシリーズはファミコン時代からやってるのでプレステになった時の映像の凄さは本当に驚いた」

見事1位に輝いたのは1997年発売のRPG「ファイナルファンタジーVII」。ゲーマー達を唸らせた3DCGのグラフィック、ディスク3枚に分割されたシナリオのボリューム、近未来的な世界観と美しい音楽が大評判!国内だけで400万本(インターナショナル版などを含む)を売り上げる大ヒットを記録。その後も、FF7はスピンオフ作品の発売、現在進行系のリメイク作品の開発など、時代を超えて愛されるコンテンツとなっています!


シビアなゲーム性で鉄道ファン以外も夢中に!2位は電車でGO!!

<投票者のコメント>
「運転手のシミュレーションゲームで、本物の電車を運転する感覚にはまった」

「鉄オタの長年の夢を叶えた画期的なゲームだった」

「アーケード版を再現していてハマった!」

2位は1997年発売の運転シミュレーションゲーム「電車でGO!」。元はアーケードゲームとして開発されましたが、ゲームセンターでの大ヒットを受けてPSでも発売し、累計102万本を売り上げる大ヒットゲームに!見慣れた電車を運転士として操作する楽しさや、先頭車両から眺める街並みの再現度も大いに評価されています。PS版では専用コントローラー(マスコン)も発売され、ゲーム画面との相乗効果で臨場感を味わった方は多いでしょう。当時しきりに流れていた本作のCMを覚えている方も多いかも?


サバイバルホラーというゲームジャンルの代表作!3位はバイオハザード!

<投票者のコメント>
「何度も何度もやりましたね」

「名作シリーズの原点だから!」

「ストーリーが作りこまれているから、音や映像から感じられる世界の恐怖感がリアルでよかった」

3位は1996年発売のサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」。カプコンの誇る大ヒットシリーズの第1作目であり、累計200万本を超える売上を記録。音やビジュアルが醸し出す恐怖感は特に印象的で、迫りくるゾンビ、ケルベロス、ハンターといった異形の怪物たちの恐ろしさは半端ではなく……。ストーリーやシステム面を含めて完成度が非常に高く、グロテスクな表現も多かったため「初代が一番怖かった」なんて声も上がっています!


4位以下はときめきメモリアル 〜forever with you〜や、グランツーリスモ、ファイナルファンタジータクティクスなどがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事