Yahoo! JAPAN

【ディズニー】浦安市とオリエンタルランドとの“知られざる関係”。松崎秀樹前市長が語る「ディズニー成人式はこうして実現した!」

ウレぴあ総研

松崎秀樹さん

2021年9月、東京ディズニーシーは開園から20年を迎えました。

しかし、世界初の「海」をテーマにしたディズニーパークの誕生までには、紆余曲折の歴史が…。

もちろん、それは東京ディズニーリゾートを抱える千葉県浦安市と無縁ではありません。

2002年1月、史上初めて東京ディズニーランドでの成人式を実現させ、5期18年にわたって浦安市長を務めた松崎秀樹さんに、浦安市とオリエンタルランド社との関係についてインタビューしました。

松崎秀樹(まつざきひでき)さん プロフィール

1950年、東京都世田谷区で生まれる。会社員を経験した後、国会議員の公設秘書に。

結婚の翌年に浦安へ転居。

1991年、千葉県議会議員選挙に浦安市選挙区から出馬し初当選。

1998年、前市長の辞職に伴う浦安市長選挙で当選。

以後、5期18年にわたって浦安市長を務めた。

現在は、浦安市富士見にある「さくら保育園」の理事長を務めている。

東京ディズニーシーの横に「墓地公園」!?

──東京ディズニーシーが2021年9月に開園から20年を迎えました。印象に残っているエピソードを教えてください。

東京ディズニーシーの立体駐車場の横には現在、浦安市の運動公園があります。

実はもともとこの場所には、墓地公園が建設される計画だったのです。

しかし、お盆や彼岸の時期になると、墓地には線香が供えられますよね。

もしテーマパークのすぐ横に墓地公園があったら、中まで線香の匂いがいくかもしれないし、絶えず楽しそうな音楽が流れてくる場所は、静かに個人をしのぶ場所にはふさわしくない。

そのような理由で、オリエンタルランド社が、墓地公園を別の場所に移設できないかと考えたんです。

しかし、このとき浦安市には何の相談もなしに動いてしまったために、当時の熊川好生市長が激怒してしまいまして。

当時私は、千葉県議会議員を務めていたのですが、この事件をきっかけに浦安市、とくに熊川市長とオリエンタルランド社の関係が急速に悪化しました。

当時、オリエンタルランド社は、東京ディズニーランドの横に、ディズニー社が提案してきた映画スタジオをテーマにした施設に代わる「海をテーマにした施設」を建設する計画でした。

それが現在の「東京ディズニーシー」です。

建設にあたって、アメリカのディズニー社は、地元の自治体が受け入れを表明する「副申書」を出してもらうようにオリエンタルランド社に言ったのですが、熊川さんは首を縦に振ろうとしない。

これにはオリエンタルランド社の加賀見さん(現在の代表取締役会長兼CEO)も、頭を抱えてしまいました。

もし期限内に浦安市が新しいテーマパークを歓迎しないとのメッセージが、ディズニー社に伝わると、契約が履行できずに多額の賠償金が発生してしまう…という事態も考えられました。

そこで、熊川さんにその旨を打診しに、年始の挨拶を兼ねて市役所に出向いたんです。

その後、無事に浦安市からオリエンタルランド社に、副申書が出たようです。

熊川さんが市長を務めていたときは、最後まで浦安市とオリエンタルランド社の関係は悪いままでしたね。

1998年に私が市長に就任してからは、もとの正常な関係に戻りました。

2001年に東京ディズニーシーがオープンする直前、浦安市民を対象にしたプレビュー(テスト運営)がありました。

従業員の事前研修のためということで、2日間にわたって市内のすべての住民が招待されました。

このとき市内は「ゴーストタウン」状態でしたね。

人影がほとんどなくて、驚いたのを覚えています。

千葉県警の機動隊がたくさん出動してくれて、市内のパトロールをするぐらいでした。

ディズニー成人式は「新成人のアイデア」で実現!

──市長在任時に印象的だったのが、東京ディズニーランドでの成人式実現だったと思います。実現に至るまでの経緯や、印象的なエピソードを教えてください。

もともと浦安市の成人式は、市役所の横にある文化会館で行っていました。

当時は100万円の予算で、吉本興業の芸人さんを呼んだりしていたのですが、ホールの中に入りたがらない新成人が多かったのです。

みんな偉い人の長い話や芸を見るよりも、久しぶりに友達と会っておしゃべりしたかったんですよね。

そこで私が市長に就任したときに、新成人が楽しくないと思うものは止めようと提案しました。

来賓の挨拶も市長と市議会議長のみにしたり、時間を短縮したり…。

しかし、市の教育委員会に改善を指示しても、なかなかうまくいかなかった。

そこで「新成人たちに任せてみよう」という話になって、実行委員会を立ち上げることにしたのです。

しかし、実行委員を募集しても、人は集まりませんでした。

そこで、当時の教育長に生きのいい新成人に声をかけるように言ったのです。

それで集まったのが3人の実行委員でした。それが6月か7月のことだったと思います。

その後、実行委員は何度か集まったそうなんですが、一向に案が出てこない。

実は後から聞いた話によると、そのときから彼らは「東京ディズニーランドで成人式をやりたい」と考えていたそうなんです。

しかし、教育委員会の担当者に言っても、どうせ潰されるだろう。

それなら、市長に直談判をしたいというので、教育委員会と実行委員で「市長に会わせて」「会わせない」でずっともめていたそうなんですね。

結局、2か月近く決まらないまま、時間だけが過ぎていきました。

私もしびれを切らして、どうなっているのか聞いたところ、事情が分かり、早速実行委員の子たちと直接会うことにしたのです。

実行委員たちは、なかなか本題を切り出そうとしませんでした。

私が話を切り上げようとしたときに、実行委員の一人がこう言ったのです。

「市長の仕事に、市民の夢を叶える仕事ってありますよね」

この殺し文句の後に続いて出た言葉が、

「私たちはディズニーランドで成人式がしたいんです!」と言われて…。

正直これには参りましたね。

とにかく、オリエンタルランド社に打診するだけしてみようと思いまして、翌々日に加賀見さんに会いに行きました。

当時の成人式は荒れたイメージが強くて、加賀見さんも「即答はできない」という返事でした。

もちろん、こういった決定はオリエンタルランド社単独ではできず、アメリカのディズニー社の許可がいるということで、向こうに連絡してもらうことになったのです。

それから1か月後、加賀見さんに再び会いました。

オリエンタルランド社からディズニー社に打診はしてくれたものの、向こうは「成人式」というものを全然理解してくれなかったんです。

当時の私は、成人式が日本独自の文化であることを知りませんでした。

てっきり中国や韓国などでも、同じような行事をしていると思っていたのですが、違っていたんですね。

「どうして20歳のお祝いを、わざわざディズニーランドでするのか」と、ディズニー社の人間は疑問だったようです。

メディアに情報が漏れるとまずいので、もしできないなら早く決めてくださいと伝えました。

すでに準備期間も短くなっていますし、ディズニーランドが無理ならほかの準備もしなくてはいけないからです。

私が面会した2~3日後、実は加賀見さんは急きょアメリカのワシントンに飛んでくれまして。

詳しい経緯は分からないのですが、ディズニー社に対して政治的な働きかけをしてくれたようでした。

結局、東京ディズニーランドでの成人式開催に許可が下りたのですが、次に問題になったのが、国旗である日の丸の掲揚でした。

ディズニー社は、テーマパークの中は「夢とファンタジーの世界」ということで、現実社会の国旗である日の丸の掲揚を認めてくれなかったんです。

会場になったショーベースには、当時大きなモニターがステージの両脇に設置されていましたので、オリエンタルランド社の担当者から「モニターに日の丸を映すのではどうか」と提案もありました。

しかし、私は断固拒否しました。

成人のお祝いは、20歳になって政治に参加できることをお祝いする意味もある。

だからこそ、日の丸の掲揚は不可欠だと考えていたからです。

最終的には、ディズニー社も折れてくれて、式典に当たる市長と市議会議長の挨拶の場面だけ、国旗と浦安市旗を掲揚することで決着しました。

もちろん、当時の東京ディズニーランドには、そのような旗を立てる台はありません。

知り合いのつてで、インドネシア産の木材が頑丈で重さもあるということで、特注で作ってもらいました。

成人式では印象に残っているエピソードがいくつかあるのですが、一番は初年度にいた男の子ですね。

見た目からしてやんちゃそうな雰囲気で、最前列に陣取り、周囲の様子を伺っていた。

メディアもオリエンタルランド社の警備員も、彼に注目していました。

教育長に聞くと、彼は中学校時代、番長的な存在だったそうです。

しかし、彼は暴れることなく、式は無事に終了。

終わってすぐに彼のもとへ行こうとしたら、メディアがやってきて「どうして暴れなかったんですか? 」と彼にインタビューしてきて。

これには彼も怒りましてね。

カメラマンが慌てて逃げていったのですが、それを見ていた私が声をかけました。

すると、彼は

「今日、成人式に行こうとしたら、3つ下の妹が走ってきて

『お兄ちゃん、今日はとにかく暴れないでね。お兄ちゃんが暴れたら、私がディズニーランドで成人式できなくなっちゃうんだから! 』

って言われたんだ。だから俺は、もし暴れるような奴がいたら、すぐに止めようと思って一番前に座ったんだ」

と言ってくれて…。

これには泣きそうになりましたね。

その後も、荒れた世代が成人式を迎えたときには、当時の中学校の担任の先生を総動員して、手荷物検査をやったり、座席をめぐって殴り合いになりそうだったのを、周りの新成人が止めてくれたりなど、印象的なエピソードはほかにもありました。

成人式はディズニー社からの許可が下りて実現しましたが、それ以外にも浦安市からオリエンタルランド社に提案したものはいくつかあります。

その中でも印象に残っているのが、毎年開催している「東京ベイ浦安シティマラソン」です。

東京ディズニーリゾートの周辺道路をコースにしているのですが、浦安市から「東京ディズニーランドの中をコースに入れてもらえないか」と打診したことがあるのです。

市民からの要望も当然ありました。

しかし、アメリカのテーマパークで行っているマラソンイベントは、ディズニー社が主催するものなんですよね。

市が独自でやっているマラソン大会で、テーマパークをコースに使わせることはできないと、最後までディズニー社の許可は出ませんでした。

浦安市への寄付は「ディズニーマジック」の一つ

──オリエンタルランド社から浦安市に対して、寄付が行われています。どういった経緯で、このような寄付が行われるようになったのでしょうか。

浦安市とアメリカ・フロリダ州にあるオーランド市とは、姉妹都市提携を結んでいます。

提携20周年のときに、浦安市とオーランド市で相互訪問を行ったのですが、そのとき現地では「ディズニーマジック」と呼ばれる、地元への貢献活動があることを知りました。

オーランド市といえば、世界最大のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートがあることで有名です。

ディズニー社からオーランド市に対して、地域貢献として寄付が行われていたんですね。

ぜひ浦安市でもやってほしいと考えて、オリエンタルランド社に打診しました。

それで実現したものの一つが、青少年交流活動センター「うら・らめ~る」です。

この施設は、浦安市のスポーツ団体や青少年団体の子どもたちが、合宿先として使えるホテル機能をもっています。

ここはもともと市が所有する土地だったのですが、建物はオリエンタルランド社からの寄付によって建設されました。

寄付とは少し違いますが、東京ディズニーリゾート周辺にある道路は、浦安市ではなくオリエンタルランド社の私有地であり、維持管理もしています。

本来は浦安市に移管されて、市が維持管理をすることになっているのですが…。

管理費用が高額になってしまうために、今でもオリエンタルランド社が直接管理しています。

ガードレールが青色、オリエンタルブルーと呼ばれる色だそうですが、白色ではなく青色になっている道路は、すべてオリエンタルランド社の私道なんですよ。

震災復興にも、オリエンタルランド社の力が…

──2011年に東日本大震災がありました。市長在任時のエピソードについて教えてください。

もともと浦安市は、大部分の土地が埋め立て工事で造成されています。

大きな地震が起きたときに、液状化が起きることは分かっていました。

1995年に阪神大震災が起きたときも、当時は県議会の議員でしたが、液状化がどうなっているのかを神戸に見に行ったほどです。

埋め立て地は「圧密沈下」といって、時間がたつと土の中の水分が抜けていき、どんどん沈んでいきます。

浦安市内を調べてみると、氷河期の澪(みお)と呼ばれる窪地が地下にあり、どうしても沈下しやすい場所が多いことが分かりました。

東京ディズニーランドの建設工事では、当時で100億円近いお金をかけて、液状化対策工事をしたそうです。

しかし、あまりにも莫大な費用がかかるために、駐車場まで工事ができなかった。

だから東日本大震災のときに、テーマパークの施設は無傷だったのに、駐車場だけが液状化してしまって、メディアで大きく取り上げられてしまったんです。

震災で東京ディズニーランドは休園していましたが、オリエンタルランド社は浦安市の復興のために力を貸してくれました。

社員や準社員(アルバイト)を一人も解雇せずに、市内のボランティアに人手を回してくれたのです。

「オリエンタルランド」と書かれたビブスを身に着けていた方たちの姿は、今でもよく覚えています。

当時一番印象的だったのが、市内の下水道の復旧についてでした。

ある班組織が機能していない自治会の住民集会に行ったときに、応急復旧の状況が伝わっていないために不安感を募らせていた住民から「いつになったら下水道が使えるようになるんだ!」と問い詰められたんです。

まだ震災から2週間ぐらいしかたっていない頃です。

あの時点では、いつ復旧できるのか皆目見当もつかない状況でした。

しかし、ここで「分かりません」とは答えられない。

そこで、担当の環境部長に「今大事なのは、不安を募らせる住民を安心させること。そのために、希望をもたせて頑張ってもらおう」と耳打ちして「4月15日までに応急復旧を終わらせます」と宣言させました。

住民を安心させるためだったのですが、これがメディアで大きく取り上げられてしまって…。

担当部長は「もし4月15日までに終わらなかったら、自分の首が飛ぶ」と顔が真っ青になってしまいました。

しかし、「部長の首を飛ばすな」と、応急復旧部隊がはりきって、突貫工事に突入したのを覚えています。

この「4月15日」に根拠は全くありませんでした。

2週間ぐらいあればなんとかなるだろう。

そんな楽観的な思いもありました。

しかし、これに喜んでくれたのは、オリエンタルランド社だったんです。

私は当時全然知らなかったのですが、4月15日は東京ディズニーランドの開園記念日だったんですよね。

オリエンタルランド社の関係者は「浦安市がこの日までに応急復旧が完了すれば、テーマパークの営業を再開できる」と喜んでくれたそうなんです。

最終的には4月15日までに、市内の97~98%の下水道を応急復旧させることができました。

実は石原慎太郎都知事(当時)や、東京都の下水道局の方がたくさん支援してくださったおかげでした。

東京ディズニーランドもこの日から営業を再開してくれましたね。

東京ディズニーシーの開園から20年!

松崎さんからは、浦安市とオリエンタルランド社との関係について、様々なお話を伺うことができました。

東京ディズニーシーの開園から20年。

これからも浦安市と東京ディズニーリゾートの深い結びつきは続いていきそうです。

(ディズニー特集 -ウレぴあ総研/舞浜新聞)

【関連記事】

おすすめの記事