Yahoo! JAPAN

加島ちかえ、別居中の夫・城咲仁とのやり取りを明かす「彼の心の余裕ができるまで」

Ameba

タレントの加島ちかえが5日に自身のアメブロを更新。別居中の夫で元カリスマホストでタレントの城咲仁とのやり取りを明かした。

加島は、3日のブログで「実は今月からしばらく城咲夫妻は別居生活となりまーす」と報告。城咲について「仕事にスイッチが入るととにかく熱心な人」と述べ「他のことに極力気を遣わず、精一杯お仕事だけに没頭できるほうがいいだろうなと」「“ok!存分に頑張ってきてね!!”となりました」と経緯を説明していた。

この日は「城咲夫婦ネットニュースになっていたんですね」と驚いた様子でコメント。「夫婦それぞれ個人の活動も、夫婦として協力していくことも、私たちにとって最善な選択肢をその瞬間瞬間で話し合って、いただいている環境やお仕事に猪突猛進するのみであります」とつづった。

続けて、義父が経営する中華料理店で“修行中”だという城咲について「夜行性の彼がただでさえ慣れない早起きに始まる生活習慣と、日々長時間の職人仕事に励んでおるようです」と報告。「私からは おはようとおやすみのLINEスタンプ以外、基本連絡を控えております」と説明した。

一方で「毎日、お昼休憩や寝る前など、自分のよきタイミングで日記のような電話をかけてきてくれます」と城咲から電話が毎日かかってくることを告白。「初日から鍋ふったよ~!」「今日は翌日の仕込みのスープをさぁ~」といった内容だそうで「事細かに毎日あった出来事を楽しそうに話してくれております」と明かした。

また、城咲との電話について「まるで、はじめての職業体験をしている小学生の日記を聞いている気分w」とお茶目にコメント。しかし「自分のお話だけ存分にしてスッキリしたら」「じゃ、明日も早いからお風呂入って寝ますっ!」と言われるそうで「THE B型マイペースマン!笑」と城咲の性格について言及した。

最後に「私の話は、しばらく日々ここに書いてみたりして、彼の心の余裕ができるまでとっておこー」とコメント。「別居中の城咲夫婦の電話やりとり事情でした」とつづり、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事