Yahoo! JAPAN

堀ちえみ、思っていたよりも早く出た退院の許可「抗生剤もよく効き」

Ameba

タレントの堀ちえみが24日に自身のアメブロを更新。想像より早く、退院の許可が下りたことを明かした。

20日のブログで、堀は下腹部の痛みで救急外来を訪れたことを明かし「炎症反応がかなり高く、検査も含めて心労・疲労回復のためにも、入院することになりました」と入院することを報告。23日のブログでは「抗生剤の種類を決め込んで、今回の治療を施し炎症が治まりました」と明かしつつ「その他のいろいろな検査結果などから、菌の正体は溶連菌の可能性が、非常に高い」「その溶連菌がなんらかの形で、体内に入り腹膜炎を起こした。…とのことでした」と説明していた。

この日は「午前中に主治医の先生から、ご説明がありました」と切り出し「培養検査の結果が出てきて、やはり使っていた点滴の抗生剤、それと飲み始めた抗生剤の飲み薬が、予想していた菌に対して、まさにピシャリと当たったようです」と検査結果が医師の予想通りであったことを説明。「先生方の判断通りでしたので、抗生剤もよく効き早めに数値も正常値に、落ち着きました」と報告した。

続けて「あとは通院して、経過観察でいいとのことです」と述べ「思っていたよりも早く、退院の許可が出ました!」と退院許可が下りたことを説明。「明日でもいいとのことでしたが」「本日退院をすることにし準備をしました」と同日に退院することを明かした。

また「会計など退院時に必要な手続きを終え」「バタバタしながらも、看護師さんにお礼を伝え、少しだけ名残惜しい病室をあとにしました」と無事退院できたことを報告。「またいつもの日常が戻ろうとしています」とコメントしつつ「ゆっくり…ゆっくり…無理しないで。のんびり生きたいと思います」と自身の考えをつづった。

さらに「こんなにも早く、痛みからも解放されたのも、医師の皆様の素早い対応のおかげです」と述べ「心より感謝しております」と医療関係者への感謝のコメント。「またファンの皆様・読者の皆様には、大変ご心配をおかけ致しました」「励ましのメッセージを、たくさん頂戴いたしまして、ありがとうございました」と読者へも呼びかけ、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事